常に相場に向き合えない投資家へ


 

 

本業の仕事があって常に相場に向き合えない投資家は多いはず

 

 

では、常に相場に向き合える投資家と比べて不利なのだろうか

 

 

確かに不利だ

 

 

板の動き、約定の仕方、株価の動き方など相場観を感じることができない点は不利だと感じる

 

 

ただ、圧倒的に不利ではない

 

 

相場観を感じる必要がない取引をすればいいだけ

 

 

相場が引けた後でも十分成り立つ取引方法をすればいいだけ

 

 

実際、私は常に相場に向き合える環境だが暇な時間が多い

 

 

デイトレーダーでない限り投資家のほとんどの時間は待ちになる

 

 

だからまったく相場に向き合えないとしても不利とは言い切れない

 

 

結局は相場が引けた後にどれだけ考えることができたかにかかっている

 

 


タグ:  

カテゴリ:投資の本質  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 






ページの先頭へ