銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株投資家としての成長記録 ~投資を始めてから~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

私の投資家としての成長記録をだらだらと書いてみました。

 

個人的なことが多いためあまり参考になるとは思いませんが、自分を原点から振り返る良い機会として書かせてもらいました。

 

投資を始めてからうまくいっていない方の参考になれば嬉しい限りです。

 

全部で3回に分けて公開いたします。

 

この記事は第2回「投資を始めてから」です。

 

第1回は「投資を始めるまで」です。

 

第3回は「継続した利益を確信するまで」の予定です。

 

最後は有料noteにて「確信を追い求めた株式投資法」です。

 

第1回の記事はコチラ

 

第3回の記事はコチラ

 

仕手株専業投資家|note

 



 

 

いざ投資開始

 

口座開設を終え投資をする準備が整いました。

 

私の場合、最初は会社に勤めながらでした。

 

もう時効なので言いますが完全に仕事をさぼっていました。

 

「数台のディスプレイの前で」ではなく「車の中でノートパソコン片手に」でした。

 

当時の通信速度は確か64kb(NTTドコモ製)だったと思います。

 

現在と比べるともの凄く遅いと思います。

 

ですが、当時は特に遅いと感じることはなく十分でした。

 

デイトレに挑戦

 

取引スタイルはブームということもありデイトレに挑戦しました。

 

最初の大きな利益は「ライブドア」でした。

 

例の大きな事件を起こした本元です。

 

当時は注目されていたので頻繁に取引していました。

 

ですが、この「頻繁」に徐々に苦しめられました。

 

取引手数料です。

 

ネット証券が普及し始めたとはいえ1回の取引手数料が1000円前後でした。

 

それまではおそらくもっと高かったはずです。

 

ですが、デイトレーダーにはなかなかの金額でした。

 

取引スタイルを変える(取引回数を減らす)必要がありました。

 

仕手株との出会い

 

デイトレからどうしようかと迷っているときに仕手株に出会いました。

 

幸い書籍等で猛烈に勉強していたため仕手株についてある程度の知識がありました。

 

といっても「仕手株=短期間で急騰する」くらいです。

 

デイトレーダーから仕手株投資に変更したのが2003年くらいです。

 

デイトレーダー歴は1年もないです。

 

そもそも向いていませんでした。

 

お祭り騒ぎをしている銘柄に素早く乗りある程度の利益を出したら素早く降りる、なんてことを毎回繰り返すことがかなり苦痛でした。

 

なぜなら、取引する銘柄には何の法則もなかったからです。

 

突然値上がり率ランキングに顔を出しただけです。

 

敏腕デイトレーダーならいくつか法則を見つけられるのだと思いますが、当時の私は何も見つけることができませんでした。

 

頭の中が完全に理系(物事に理由を求める)でしたので何か理論がないと納得できない状態でした。

 

突然分からない銘柄が投資対象になってすぐに投資対象でなくなることがとにかく無理でした。

 

利益が出れば何でもいいのですが、ダメでしたね。

 

一方、仕手株は分析すればするほど理論がしっかりありました。

 

ここでいう理論とは「こうなったらこうなる」みたいな感じです。

 

例えば「株価が下げ止まったら初動が近い」とかです。

 

そこに「下げ止まる=仕手戦開始の準備が完了」が成り立ちます。

 

数学の証明みたいになるのですが、とにかくこのように一つ一つが理論的に説明できないと行動(取引)できない性格でした。

 

こんなことを試行錯誤しながら投資経験を積んでいきました。

 

損失に苦しむ

 

2002年から始めて2004年くらいまでは利益が出ませんでした。

 

正確に言えば利益は出ていたのですが損失の方が大きかったです。

 

「取引ルールが守れない」「損切りできない」「利益が出て調子に乗る」が主な原因です。

 

完全にメンタルの問題でした。

 

サラリーマンとの兼業も影響していたかもしれません。

 

ただ、投資を辞めようとは思いませんでした。

 

はっきり「コレ」というものはありませんでしたが何か大きな可能性を感じていたのだと思います。

 

自分の分析力がまだまだ足りないとも感じていました。

 

しっかりやるべきことをやり遂げてその結果利益が出なければ辞めればいいと。

 

恐らく考え方の軸として「投資は趣味」と捉えていたと思います。

 

大きな利益が出たので会社を辞める

 

利益が出始めたのは2005年くらいからです。

 

当時は超低位株(株価50円以下)がたくさんありました。

 

仕手株の定義は投資家によって違いますが私は「超低位株=仕手株」として捉えていました。

 

なぜなら、短期間で急騰したからです。

 

当時はすさまじいものでした。

 

株価30円が150円に急騰、しかも数ヶ月以内。

 

取引方法は1銘柄に全資金を集中させていました。

 

その結果、1週間でサラリーマンの年収以上の利益が出ることもありました。

 

完全に仕手株の虜でした。

 

2004年~2007年はもの凄い良い相場だったと思います。

 

当時はそれ以前の相場のことは知りませんでした。

 

今考えてみるとSARS(サーズウイルス)が流行ったのは2003年です。

 

しかも日経平均はちょうど底でした。

 

株式投資を始めたタイミングが良すぎでした。

 

ただ、当時は完全に実力だと舞い上がっていました。

 

だから会社を辞め専業になれたのだと思います。

 

専業になったのは2005年の夏ごろです。

 

「5721 エス・サイエンス」での利益がきっかけです。

 

株価20円が100円くらいまで上昇しました。

 

利益は1000万円を超えていました。

 

大きな利益が出たのが辞める理由の一つでした。

 

それよりも大きな理由はとにかく株が楽しすぎたことでした。

 

分析も好きで相当のめり込みました。

 

ただ、さすがに不安もありました。

 

会社を辞めたと同時に家庭教師と塾講師を始めました。

 

この二つを選んだ理由は単純です。

 

「取引時間(9時~15時)以外、時給が高い」で検索したら出てきただけです。

 

幸い数学ができたため時間外労働(予習や復習)せず、ほぼ丸一日を投資に費やすことができました。

 

会社を辞めてからはひたすら仕手株の理論について分析しまくりました。

 

理論の内容は「どんな銘柄が、いつ上昇し始め、いつ下落し始めるか」です。

 

言い換えれば「どの仕手株に、いつ取引し、いつ利益確定するか」です。

 

こんな感じで仕手株だけにのめり込んでいたため、東証1部などの大型株、優待株、配当株のことはほとんど分かりません。

 

取引すらしていません。

 

仕手株の特性と自分の性格や取引方法が合っているのだと思います。

 

ライブドアショックそして…

 

2006年のライブドアショックは刺激的でした。

 

当時の仕手株(自分の取引対象)の中にライブドア関連がなかったため直接的な被害はありませんでした。

 

ですが、相場が大きく荒れたため損失はありました。

 

今思えば、このときにもっと損失について学ぶべきでした。

 

この先起こるリーマンショックまでは幸い大きな損失を経験することはありませんでした。

 

ゆえに本気で億万長者を狙っていました。

 


 

第3回は「継続した利益を確信するまで」の予定です。

 

お楽しみ?に

 

第3回の記事はコチラ

 

 



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

タグ:    

カテゴリ:投資 






メールアドレス登録(無料)

                        メールアドレス登録にて新着記事公開のお知らせをメールで受信できます。
                        なお新着記事は毎週、株価動向速報は毎日更新です。
                        有料メルマガの登録ではありません。
                        

1,287人の購読者に加わりましょう

投資家別カテゴリーのご案内

 

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

有料情報を知りたい投資家はコチラ

株投資に興味がある投資家はコチラ

経済学に興味のある投資家はコチラ

心理的に不安になる投資家はコチラ

 

ページの先頭へ