銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株投資家としての成長記録 ~継続した利益を確信するまで~

私の投資家としての成長記録をだらだらと書いてみました。

 

個人的なことが多いためあまり参考になるとは思いませんが、自分を原点から振り返る良い機会として書かせてもらいました。

 

利益を出すことはできても損失の方が多くなってしまう方の参考になれば嬉しい限りです。

 

全部で3回に分けて公開いたします。

 

この記事は第3回「継続した利益を確信するまで」です。

 

第1回は「投資を始めるまで」です。

 

第2回は「投資を始めてから」です。

 

最後は有料noteにて「確信を追い求めた株式投資法」です。

 

第1回の記事はコチラ

 

第2回の記事はコチラ

 

 

仕手株専業投資家|note

 

 



 

 

リーマンショックの概要

 

現在コロナショック真っ只中です。

 

よくリーマンショックと比べれらます。

 

では、リーマンショックはどの程度だったのでしょうか。

 

日経平均の下落率をみてみたいと思います。

 

リーマンショック

18000円  →    7000円

 

コロナショック

24000円  →  16000円

 

下落率で比べるとリーマンショックは60%、コロナショックは33%です。

 

まだまだ今後さらに下落するかもしれませんが現時点で、コロナショックはリーマンショックのおよそ半分程度の下落率です。

 

いかにリーマンショックがもの凄い下落だったか理解できたと思います。

 

多くの投資家が投資資金を失った

 

想像の範囲内ですがほとんどの投資家は多かれ少なかれ損失を出したと思います。

 

投資の世界から撤退せざるを得ないほどの多額の損失を出した投資家は多かったと思います。

 

私は運よく撤退することはありませんでしたが投資資金は半減しました。

 

2002年から投資を始めて上昇相場しか経験していなかったため当たり前なのかもしれません。

 

そうはいっても順調に増えていったお金がわずか半年で半減した現実を受け入れるのは相当きつかったです。

 

今まで自分のスキルで利益を出し続けていたと思っていたことが全否定され崩れ落ちたためまさに絶望でした。

 

(正しく解釈すれば自分のスキルではなく上昇相場によって利益が出ていたにすぎなかった)

 

今までの努力は何だったのかと…本当に絶望の日々でした。

 

精神的ショックは人生最大でした。

 

今考えてもこれほどのことは今後二度と起こらないと思えます。

 

ただ、腐ったら終わりだとも思いました。

 

まだ投資資金が残っていたのがせめてもの救いでした。

 

まずは素直に自分の投資方法が間違っていたことを認めました。

 

絶望から得たもの

 

リーマンショック以前は完全に自分の取引を過信していました。

 

買取引においてはそれなりの自信をもって取引していましたが「上昇しそう」という安易な考え方で取引していたとも言えます。

 

上昇相場は多くの銘柄が上昇します。

 

つまり、取引した銘柄はだいたい利益が出るとも言えます。

 

だからこそ「上昇しそう」→「取引」→「利益」が成り立っていました。

 

これが下落相場では成り立たなく(成り立つことが少なく)なります。

 

このことに気づかず損失を重ねてしまいました。

 

ですが、絶望を味わったものの得たものがあります。

 

それは「確信を追い求めた株式投資法」です。

 

どのようにして完成したか

 

リーマンショック以前までは確信とまでは言えないときでも取引していました。

 

利益が出れば結果オーライみたいなことも多かったです。

 

ただ、この取引方法ではいずれ利益が不安定になります。

 

つまり、継続した利益に繋がりません。

 

取引方法を変えればいいだけなのですが、長年しみついた取引方法はすぐには変えられませんでした。

 

感情のコントロールにかなり苦戦しました。

 

特に「取引してしまう欲」を完全になくすのは至難の業でした。

 

株式相場を日々監視していると「上昇しそう」という機会にかなりの頻度で遭遇します。

 

その度に「しそう」ではだめ。

 

「確信」がなければ取引してはいけないと自分に言い聞かせます。

 

理系人間を納得させたのは統計学でした。

 

「上昇しそう」で取引した場合、その後どうなったのかの統計を取り続けました。

 

その結果、上昇する銘柄はありましたが多くは値を戻したりさらに下落することが統計データより証明されました。

 

証明されたとなれば話は早いです。

 

今までの欲との葛藤が何だったのかと思うくらい「上昇しそう」に反応することがなくなりました。

 

理系人間は「数字で示されたデータに素直に従うんだ」と大発見でした。

 

この事実をさらに利用しようと考えました。

 

確率を組み合わせた確率統計学を駆使し取引の精度を上げることだけを考えました。

 

今でもこの考え方は継続中です。

 

リーマンショックのおかげで自分の取引方法を一から見直すことができその結果、確信を追い求めた株式投資法が完成しました。

 

現在進行中のコロナショックでもしっかり機能しています。

 

継続した利益

 

長い人生において失敗は誰でもあると思います。

 

皆さんはどうですか。

 

今回のコロナショックが失敗になりそうですか。

 

できることなら若い時に大きな失敗を経験した方がいいです。

 

もちろん、失敗としっかり認めて次に生かさなければ意味がないのですが。

 

幸い私はリーマンショックによって大きな失敗を経験できました。

 

この失敗のおかげでそれまでの取引方法を大きく見直すきっかけになりました。

 

「上昇しそう」から「確信」の取引へと進化させました。

 

これによって「利益」が「継続した利益」に変わりました。

 

おわりに

 

もし、今回のコロナショックで大きな損失を出したけどそれを失敗と認め、それでもこの先投資の世界で利益を出したいと決意したならば取引方法を大きく見直す必要があると思います。

 

数年単位の作業になるはずです。

 

時間はかかりますがそれだけの価値(得られる利益)は十分にあります。

 

投資の世界で生き残るために是非「上昇しそう」から「確信」の取引へと進化させてみてください。

 


 

*有料ではありますが私の「上昇しそう」から「確信」へと進化させた取引方法を公開しています。

 

購入前の疑問は「確信を追い求めた株式投資法」の冒頭部分にあります。

 

この部分だけでも価値があると思います。

 

興味のある投資家はnoteをのぞいてみてください。

 

 

仕手株専業投資家|note

 

 

タグ:  

カテゴリ:投資 






メールアドレス登録(無料)

                        メールアドレス登録にて新着記事公開のお知らせをメールで受信できます。
                        なお新着記事は毎週、株価動向速報は毎日更新です。
                        有料メルマガの登録ではありません。
                        

1,798人の購読者に加わりましょう

投資家別カテゴリーのご案内

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

有料情報を知りたい投資家はコチラ

株投資に興味がある投資家はコチラ

経済学に興味のある投資家はコチラ

心理的に不安になる投資家はコチラ

株式投資ラジオ | stand.fm

繰り返し聞いているだけで利益を出し続ける投資心理(投資脳)が身につくことを目指していきます。 そして取引でよくある失敗を共感しながらも最後には解決できる内容にしていきたいと思っています。  ラジオですのでフリートーク(長めのおしゃべり)も収録していきます。

仕手株.コム運営者情報

     仕手株専業投資家

チャート分析、板情報の分析、出来高の分析、第三者割当新株予約権の分析、大量保有報告書の分析、そしてそれらの確率統計学により、仕手株で利益を出し続ける方法を追い求めています。

(株価動向は日々変化するため、まだまだ分析は継続中です)

ブログを通じて考え方を公開することで、株式投資で利益を出し続ける喜びを共有できればと思っています。

ブログのほかにTwitter、note(有料記事)、stand.fm(株式投資ラジオ)でも発信しています。

興味のある投資家はのぞいてみてください。

以下は簡単な経歴です。

株式投資は2002年に始めました。

ブログは2016年に始めました。

Twitterは2019年に始めました。

noteは2020年に始めました。

stand.fmは2020年に始めました。

<詳細>

仕手株投資家としての成長記録 ~投資を始めるまで~

仕手株投資家としての成長記録 ~投資を始めてから~

仕手株投資家としての成長記録 ~継続した利益を確信するまで~

ページの先頭へ