銘柄コード・企業・ファンドから検索

相場観 2022年2月

投資を始めてから20年が経とうとしています。

 

「大きな利益を出した経験」「大きな損失も出した経験」を教訓に投資家の皆さんと「利益を出し続けるために必要な何か」を共有するために、日々の相場観についての考察を公開していこうと思っています。

 

直接的な銘柄の公開はありませんが、仕手株専業投資家として相場の感覚を掴むために必要な「心理」や「考え方」を中心に進めていければと思います。

 

それでは、いつまで続けられるか分かりませんがよろしくお願いします。

 

 

 

 

2022年02月28日

 

 

50円高で引けました。

 

上下に大きく振れましたが大きな下落もなく引けました。

 

週末の混乱が相場に大きく反映することはありませんでした。

 

不安が払拭されたわけではありませんがある程度落ち着きを取り戻したようです。

 

本日は小型株(仕手株)の上昇が目立ちました。

 

相場環境が変わりつつあります。

 

上昇すれば確実に目立つ相場です。

 

仕手筋(投資ファンド)にとっては待ちに待った瞬間なのかもしれません。

 

 

2022年02月25日

 

 

505円高で引けました。

 

久しぶりの上昇でした。

 

情報社会だけあって世界との連携が早く驚いています。

 

それだけ一大事だからかもしれませんが。

 

いずれにしても相場環境は思っている以上に冷え込まないと考えています。

 

本日の上昇の強さがそれを示しています。

 

今回の侵略によって今後見直されるであろうエネルギーに対する考え方が変わるきっかけになればと思います。

 

 

2022年02月24日

 

 

478円安で引けました。

 

後場に入ってから700円安近くまで急落しました。

 

その後、ある程度戻しましたが下落が止まらない状態です。

 

投資家としてウクライナ情勢を見てきましたが、投資家だけの問題に留まらない状態になってきました。

 

人間に欲望がある限り争いごとがなくなることはありません。

 

とはいえ、そうは言ってられません。

 

早期に何かしらの解決策が組まれることを願います。

 

 

2022年02月22日

 

 

461円安で引けました。

 

下落が止まりません。

 

ロシアの暴走も止まりません。

 

ただ、いつかは起こることだったのかもしれません。

 

後には戻れないくらい事が進んでいるような気がします。

 

よって、しっかりと解決することを願っています。

 

株式相場はかなり織り込んでいるもののまだ下落が続いています。

 

ですが、いつかは我に返る瞬間があります。

 

その瞬間が重要だと思います。

 

いつかはまだ分かりませんが…

 

 

2022年02月21日

 

 

211円安で引けました。

 

一時600円近く下落したにもかかわらずかなり回復して引けました。

 

このあたりが今回の下落相場の落とし所になるのでしょうか。

 

不安定なのは確かですがすぐに好転する相場でもあります。

 

多くの投資家が不安に慣れてきたと言えるかもしれません。

 

本来見るべきものは地政学リスクではありません。

 

コロナウイルスの感染状況でもありません。

 

一刻も早く見るべきものにしっかり焦点が当たる株式相場に戻って欲しいと思います。

 

 

2022年02月18日

 

 

110円安で引けました。

 

一時400円以上下落していましたが10:32に突如大きく動き出しました。

 

まさに情報に翻弄される展開になっています。

 

ただ、ウクライナ情勢が解決すれば上昇に向かうことが分かりきっているため今のうちに大きく下落し尽くしてほしいとも思います。

 

本日の相場を振り返ると…

 

相場が始まる前は「前日の600円を超えるNYダウの下落」「さらに悪化する可能性のあったウクライナ情勢」「FRBの利上げの動向」「週末要因」とどう考えても400円下落した段階で500円以上の下落を意識しました。

 

終わってみると110円安です。

 

相場はときに想定外の動きをします。

 

「情報に翻弄されない」はもちろん重要ですが、大前提として「想定外はいつでも起こり得る」と頭の片隅に置いておかなければならない重要さも意識した一日でした。

 

 

2022年02月17日

 

 

227円安で引けました。

 

後場に入ってから一時380円安まで下落幅が拡大しましたがある程度戻して引けています。

 

不安定な相場が続いています。

 

投資家の関心事がすべて奪われている状態かもしれません。

 

だとすると解決に進んだとき大きく動く可能性が高いと思います。

 

大きなことが起こらないと願うばかりです。

 

 

2022年02月16日

 

 

595円高で引けました。

 

ウクライナ情勢の警戒感後退により大きく上昇しました。

 

というよりは戻っただけです。

 

また状況が変わって暴落することも十分考えられます。

 

解決したと考えるにはまだ早いです。

 

それでも、とりあえずは安心しています。

 

相場は常にあらゆることに左右されます。

 

一つ一つの情報にいちいち反応していたら身が持ちません。

 

多くの情報を無視することは意外と必要です。

 

言い換えれば、多くの情報から本質をついた情報だけを見極めることが必要です。

 

 

2022年02月15日

 

 

214円安で引けました。

 

ウクライナ情勢による下落が続いています。

 

様々な情報が飛び交っていますが、投資としては今の相場がどれだけ織り込んでいるかだと思います。

 

さらなる大きな下落につながらないことを願うばかりです。

 

投資は常に下落してからが勝負だと思います。

 

下落したからこそ取引開始だとも言い換えられます。

 

逆のことを言えば上昇したら利益確定です。

 

この思考回路は投資家にとって極めて重要です。

 

 

2022年02月14日

 

 

616円安で引けました。

 

ウクライナ情勢の緊迫化が主な原因で暴落しました。

 

「またかぁ」と感じています。

 

どういう結果になろうと株価はいずれ正しい値に戻ります。

 

また、不安要素は今回の暴落のように常に先行して反応します。

 

よって、リーマンショックのような長期的な暴落にはなりません。

 

ただ、原油先物が上昇するなど他の要素の悪材料が目立ってくる可能性はあります。

 

波乱続きのオリンピックに続かないことを願います。

 

 

2022年02月10日

 

 

116円高で引けました。

 

順調に上昇しています。

 

投資資金が戻ってきていると感じています。

 

とはいえ、まだまだ大きく上昇したわけではないため緊張している雰囲気があります。

 

28,000円台を回復すれば投資家心理は大きく動くと思います。

 

期待しています。

 

 

2022年02月09日

 

 

295円高で引けました。

 

前日のNYダウが上昇したため連れ高しました。

 

流れが変わってきたように思います。

 

先月の下落傾向はひとまず収まったように思います。

 

先月の動きが続いていないことが安心につながっています。

 

現在の不安定な状態(主にコロナウイルス)から抜け出し、その分価値のあることを考えられる状態になることを願います。

 

 

2022年02月08日

 

 

35円高で引けました。

 

たいした動きはありませんでしたが出来高はあります。

 

よって、次につながる動きだと思っています。

 

よっぽどのことがなければ暴落するようなことはないと考えています。

 

個別銘柄は上昇するようないい形で決算月を消化できればと思います。

 

 

2022年02月07日

 

 

191円安で引けました。

 

27,000円を少し超えたあたりでもみ合いが続いています。

 

大きな動きがないことから決算内容は大きく影響していないと判断しています。

 

もしくはまだ大きく影響していないのかもしれません。

 

取引が再開した上海総合指数が大きく戻しているためとりあえずは安心しています。

 

あとは原油先物が下落してくれればいいのですが…

 

 

2022年02月04日

 

 

198円高で引けました。

 

前日のNYダウが500円以上下落したにもかかわらず上昇して引けることはめったにありません。

 

日本株の流れが変わってきたのでしょうか。

 

メタ株だけの問題なのでしょうか。

 

それともオリンピックによるものなのでしょうか。

 

いずれにしてもいい傾向だと思います。

 

来週もこの感じで推移していってほしいと思います。

 

 

2022年02月03日

 

 

292円安で引けました。

 

連続で上昇しすぎていたため本日の下落はそれ相応の動きだと思います。

 

ただ、続くと厄介です。

 

いずれオミクロン株以外の要因で業績が悪くなっていくことが起こってきます。

 

コロナウイルスが騒がれているうちはまだまだ安心だと思っています。

 

 

2022年02月02日

 

 

455円高で引けました。

 

順調すぎるほどに上昇しています。

 

下落しすぎだったのか、それとも単純に戻しているだけなのか。

 

いずれにしても下落し続けることなく上昇してとりあえず安心しています。

 

しばらくは27,000円台でもみ合っていくと思っています。

 

 

2022年02月01日

 

 

76円高で引けました。

 

上昇幅をなくして引けましたが大きく下落することはありませんでした。

 

何とか決算時期に間に合った感じがしています。

 

好決算銘柄は問題なく買われていくと思います。

 

30,000円回復にはまだまだ時間がかかると思いますが、個人的には個別銘柄さえ上昇すれば何の問題もありません。

 

引き続き急な動きをすることなく個別銘柄が目立つ相場であってほしいと思います。

 

 

 

 

応援クリック頂けると嬉しいです

 

カテゴリ:相場観  [コメント:0]



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト活用法
人気の投稿とページ
最近の投稿
有料書籍
投資家別カテゴリーのご案内
当サイトの決済システム
報告

ページの先頭へ