銘柄コード・企業・ファンドから検索

相場観 2022年9月

投資を始めてから20年が経とうとしています。

 

「大きな利益を出した経験」「大きな損失も出した経験」を教訓に投資家の皆さんと「利益を出し続けるために必要な何か」を共有するために、日々の相場観についての考察を公開していこうと思っています。

 

直接的な銘柄の公開はありませんが、仕手株専業投資家として相場の感覚を掴むために必要な「心理」や「考え方」を中心に進めていければと思います。

 

私なりに思ったことがあれば、サイト内の別ページにて付け足しています。

 

ぜひご覧ください。

 

(このページは簡潔にまとめることを軸にしています。)

 

 

 

 

 

2022年09月30日

 

 

日経平均株価は484円安で引けました。

 

一時600円を超える下落でした。

 

最近の不安定な動きが敏感に反映された動きとなりました。

 

週末・月末が重なったことによって下落が進んだとも考えられます。

 

10月の相場はどうなるのでしょうか。

 

大波乱がなければいいのですが…

 

 

2022年09月29日

 

 

日経平均株価は248円高で引けました。

 

前日の大幅下落が何だったのかと思わせられるような動きでした。

 

ただ、不安定な状況は続くと思います。

 

米国株の戻りが一時的な動きで終わるのかが焦点になりそうです。

 

30,000円くらいまでは戻す動きに期待しています。

 

 

2022年09月28日

 

 

日経平均株価は397円安で引けました。

 

一時600円を超える下落でしたが、引けにかけて戻しました。

 

NYダウ先物はそれほど下落していないため、影響されたとは言えません。

 

日本株が売られたと考えるのが自然です。

 

今まで割と順調な動きでしたが、ここにきて雲行きが怪しくなってきました。

 

まずは、26,000円を割ることなく推移していくかだと思います。

 

 

2022年09月27日

 

 

日経平均株価は140円高で引けました。

 

米国株が下落したにもかかわらず上昇しました。

 

前日に大きく下落した、NYダウ先物が上昇していた。

 

この2つの上昇する原因があるものの、それでも今までは連れ安してきました。

 

明らかに連動性が低くなっています。

 

この傾向がこの先さらに強くなるのか、それとも元に戻るのか。

 

予想は難しいですが、相場が常に変わっていることは確かです。

 

 

2022年09月26日

 

 

日経平均株価は722円安で引けました。

 

2営業日分一気に下落した形になりましたが、それでも下落幅は大きかったと思います。

 

下落についてのニュースや、下落していくニュースが目立ち始めました。

 

ニュースの流れはいつも通りです。

 

10月以降は政治的なイベントが控えています。

 

株式市場にどのような影響をもたらすのか。

 

下落に拍車をかける状況にはならないと思っていますが…

 

 

2022年09月22日

 

 

日経平均株価は159円安で引けました。

 

27,000円割れしましたが、戻して引けています。

 

NYダウが500円以上下落しているにもかかわらず、半分以下の下落幅で収まったのは意外です。

 

それだけ円安が寄与しているのか。

 

それとも、米国の状況と日本の状況が既に大きく違うのか。

 

米国から日本へと投資資金が流れてくるのが理想的です。

 

日本の投資家が、自国に投資する流れも加われば、なお理想的です。

 

 

2022年09月21日

 

 

日経平均株価は375円安で引けました。

 

米国株に連れ安しました。

 

27,000円を割ることなく踏ん張れるかだと思います。

 

明日は3連休前のため、基本的に下落傾向だと思います。

 

上昇したとしてもそれほどではないと思います。

 

米国株が大きく荒れないことを願います。

 

 

2022年09月20日

 

 

日経平均株価は120円高で引けました。

 

3連休後の波乱がなくて安心しています。

 

次の3連休後も大きな波乱がなければいいのですが…

 

比較的日本株は安定していると思います。

 

米国株も安定してくればいいのですが…

 

まずは、21日のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の会見終了後の動きだと思います。

 

 

2022年09月16日

 

 

日経平均株価は308円安で引けました。

 

再び下落し始めました。

 

3連休を前に売急いだのでしょうか。

 

そんな気もします。

 

会社四季報が更新されました。

 

来週の動きに反映されるのでしょうか。

 

 

2022年09月15日

 

 

日経平均株価は57円高で引けました。

 

下落が続かなくてホッとしています。

 

米国株も、以前ほど下落が続かなくなってきています。

 

投資家も相場も、織り込み済みになってきたと思います。

 

株価は、同じような動きを何回も繰り返すことはありません。

 

そろそろ慣れてきたのかもしれません。

 

 

2022年09月14日

 

 

日経平均株価は796円安で引けました。

 

恐れていた事態が起こってしまいました。

 

最近の何度もある傾向です。

 

ただ、NYダウの1276円ほど大きくは下落しませんでした。

 

この傾向も最近の傾向です。

 

完全に連れ安しなくなっています。

 

この傾向は、月足チャートで見るとかなりよく分かります。

 

日本株の優位性が注目されることで、世界的な投資資金が集まる状況になることを願っています。

 

 

2022年09月13日

 

 

日経平均株価は72円高で引けました。

 

順調過ぎる動きです。

 

「また暴落するだろうな」と思っています。

 

なぜなら、米国の利上げ関連のニュースで簡単に暴落するからです。

 

ただ、株価は上下に動きながら推移するのが普通です。

 

暴落しながらも上昇していけば問題ありません。

 

年末に向けた動きが始まりつつあります。

 

そのうち「年末商戦」という言葉を見る機会が増えてくるはずです。

 

いい形で年始を迎えられればと思っています。

 

 

2022年09月12日

 

 

日経平均株価は327円高で引けました。

 

29,000円に迫る勢いです。

 

戻すと言うよりは上昇している感覚です。

 

日本株の強さは何なのでしょうか。

 

当面は円安かもしれません。

 

政治的な部分での上昇はまだ難しそうです。

 

経済以外の議論がされていること事態が、まだまだ危機的状態ではないのかもしれません。

 

 

2022年09月09日

 

 

日経平均株価は149円高で引けました。

 

よく言われる半値戻しの水準まで上昇しました。

 

米国株の上昇が大きいと思っています。

 

円安の勢いが少し収まっています。

 

良い週末が迎えられそうです。

 

 

2022年09月08日

 

 

日経平均株価は634円高で引けました。

 

戻したのはいいのですが、500円以上は戻し過ぎだと感じています。

 

また、下落する一つの要因になったと感じています。

 

明日も上昇の流れが続けばいいのですが…

 

円安傾向と原油先物の下落、そして米国株と日本株。

 

複雑に絡み合うそれぞれの動きが、いい形で推移していくことを願います。

 

 

2022年09月07日

 

 

日経平均株価は196円安で引けました。

 

半分くらい戻して引けました。

 

円相場が、とてつもない速さで150円に迫ろうとしています。

 

歴史的な瞬間に立ち会うことになるのでしょうか。

 

そのとき、日経平均株価はどのような位置にあるのでしょうか。

 

米国との関係は、正常のまま推移しているのでしょうか。

 

大きな混乱がないことを願います。

 

 

2022年09月06日

 

 

日経平均株価はほぼ変わらずで引けました。

 

ですが、200円ほど上昇したことから考えると、下落したと言えます。

 

今の相場環境では、大きく上昇するとその反動で暴落することが多いため、あまり動かない方が都合がいいのかもしれません。

 

慎重な動きが続くことで、安心して相場と向き合うことができます。

 

30,000円を目指す動きは、まだまだずっと先でもいいと思います。

 

 

2022年09月05日

 

 

日経平均株価は31円安で引けました。

 

しばらく続いた下落も収まりつつあるようです。

 

円安が進行したことが大きいのでしょうか。

 

それとも、米国株が落ち着いてきたからでしょうか。

 

いずれにしても、下落が続くことがなければいいと思います。

 

年末に向けてどのような動きをするのでしょうか。

 

中間選挙は、何事もなく無事に通過するのでしょうか。

 

考えるべきことがたくさんある今日この頃です。

 

 

2022年09月02日

 

 

日経平均株価はほぼ変わらずで引けました。

 

米国市場の影響もあるものの、円安が進んだことが大きいように思います。

 

いよいよ140円台に突入しました。

 

どこまで上昇していくのでしょうか。

 

 

2022年09月01日

 

 

日経平均株価は430円安で引けました。

 

一時的でしたが、下落幅は500円を超えました。

 

米国株の下落が止まらない以上、日本株も止まらないかもしれません。

 

今年は乱高下が続いています。

 

ただ、今回いつもと違うのはさらに円安が進みそうなことです。

 

140円台に突入することがあれば、また違う動きになるかもしれません。

 

せめてもの救いは原油先物が90円割れしていることです。

 

 

カテゴリ:相場観 




最近の投稿



ページの先頭へ