銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手筋に利用される投資家ではなく利用する投資家になるための投資術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

自分以外の存在が大きな役割を果たす現実があります。

 

例えば会社においては上司だったり取引先だったり、もしくは親会社だったりします。

 

投資においては自分の取引した銘柄の株価が上昇しなければ利益になりません。

 

だから自分以外の存在に「株価を何とかしてくれ」と頼るしかありません。

 

つまり、自分だけの力では株価はどうにもなりません。

 

そこで「仕手筋の力に頼る」発想が出てきます。

 

自分の取引している銘柄に仕手筋の大きな力があることはとても意味があります。

 

これは思いのほか大きな要素です。

 

ではその力をどう利用すればいいのでしょうか。

 

それでは、「仕手筋に利用される投資家ではなく利用する投資家になるための投資術」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

 



 

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

仕手筋の力をどう利用すればいいのか。

 

それは

 

仕手筋と同じ行動をする

 

が答えです。

 

いかに仕手株が万能か

 

仕手筋の大きな力を利用しない手はないと思います。

 

少し視点を変えてみます。

 

「優良株」や「テーマ株」は多くの個人投資家の力で株価が上昇します。

 

その原動力は「業績が絶好調」「5G関連銘柄(今でいえば)」などが一般的です。

 

これらにより注目され株価が上昇する流れです。

 

実は、この流れは仕手株でも当てはまります。

 

ということは、仕手株は個人投資家の力と仕手筋の力の両方が備わっていることになります。

 

仕手筋の膨大な資金力は株式市場でかなりの優位性があります。

 

仕手筋が個人投資家を利用する

 

仕手筋は株式市場で利益を出すのが仕事のため、個人投資家に利用されては困ります。

 

株価を吊り上げたときに個人投資家が買ってくれることが何よりも大事です。

 

つまり、仕手筋が存在している以上「仕手筋が個人投資家を利用している」ことになります。

 

この構図は絶対にくずれません。

 

個人投資家が仕手筋を利用する

 

「絶対に」と言っておきながら先ほどの構図がくずれる場合があります。

 

それは仕手筋が稼げなかった場合です。

 

仕手筋が株価を吊り上げたときに予想以上に個人投資家の売があった場合(このとき個人投資家は利益を得ている)は仕手戦失敗、もしくはもう一度やり直します。

 

やり直す場合は株集めからです。

 

もっともっと株を集め直します。

 

なぜなら手元に十分な株が集められていなかったことが原因だからです。

 

最近はこんな初歩的なミスをする仕手筋は減少しましたが以前はよくありました。

 

また、仕手筋が考えていた株価よりも低い株価で個人投資家の売が大量にあった場合も仕手戦失敗に近いです。

 

情報が洩れたか仕手筋の一部が裏切ったか。

 

真実は分かりませんが…

 

現在、多くの仕手筋が存在していますが個人投資家に利用されてしまうようでは仕手筋として失格です。

 

仕手筋の見極めも大事です。

 

 



 

 

多くの個人投資家が利用されても自分だけは違う

 

仕手株は個人投資家が利用されている状態がベストです。

 

なぜなら、そうでなければ仕手戦失敗だからです。

 

仕手戦失敗の銘柄を取引した場合、利益がほぼ出ないだけでなく時間も完全に無駄になります。

 

この記事は「利用される投資家ではなく利用する投資家」と言いつつ、「利用されている仕手株でなければ利益が出ない」と頭が混乱する内容になってしまっています。

 

一度整理します。

 

「個人投資家が利用されている仕手株で自分は利用されていない」ことで利益が出ます。

 

では具体的に利用するとはどういうことなのでしょうか。

 

さいごに

 

「仕手筋を利用する」とは「仕手筋と同じ行動をする」です。

 

仕手筋が株を買い集めたら自分も株を買い集めることです。

 

そして、仕手筋が売り抜けたら売り抜けることです。

 

そのためには仕手筋の行動パターンや独自の癖、そして行動の証拠になる出来高の変動を分析することです。

 

相当な労力が必要ですがその先には大きな利益が待っています。

 

どんなことにおいても「努力は裏切らない」とつくづく思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

タグ:  

カテゴリ:仕手株投資 






運営者情報

 元数学教師×仕手株専業投資家

チャート分析、板情報の分析、出来高の分析、第三者割当新株予約権の分析、大量保有報告書の分析、そしてそれらの確率統計学により、仕手株で利益を出し続ける方法を導き出しました。

(株価動向は日々変化するため、まだまだ分析は継続中です)

ブログを通じて考え方や手法を公開することで、株式投資で継続して利益が出る喜びを共有できればと思っています。

ほんの一例ではありますが、日々の株価動向(仕手株銘柄)の記録をお伝えしていきたいと思います。

投資家別カテゴリーのご案内

株投資に興味がある投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

ページの先頭へ