仕手株投資のみで生き残るために初動取引に徹底的にこだわる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

日本株式に投資している投資家は一体どんな銘柄を取引対象にしているのだろうか?

 

仕手株のみにこだわっている投資家は多いのだろうか?

 

検索結果で判断する限りですが、急上昇した銘柄は「仕手株」として取り上げられていることが多いです。

 

ハイリターンが魅力的に思えるのかもしれませんが、実際は相当な努力、つまり多くの経験と地道な分析がなければハイリスクであることは確かです。

 

それでは、「仕手株投資のみで生き残るために初動取引に徹底的にこだわる」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

→新しい情報があれば追記いたします

(2019年7月1日追記)

 

 



 

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

なぜ初動取引に徹底的にこだわるのかというと、そもそも取引しなければ損失はあり得ないからです。

 

その取引こそが初動であり、初動の判断を間違えることで損失が出ます。

 

つまり、正確な初動を判断できることが損失を最小限にします。さらには株式投資の世界で生き残ることにもつながります。

 

仕手株投資にこだわるのであれば「初動取引がすべて」といっても過言ではありません。

 

初動の判断は相当難しい

 

実際に仕手株銘柄を監視していると必ず「初動?」と思える瞬間が多々あります。

 

いわゆる「騙し上げ」だったり「ただの買上がり(株集め)」と呼ばれるものです。

 

初動ほど出来高を伴って上昇するわけではないので、後になって初動ではないと判断することはできます。

 

ですがそれではただの「結果論」です。

 

そんなことは上昇しきった銘柄の日足チャートをみていつ初動だったかを当てるのと同じです。

 

まったく無意味です。

 

やっかいなのは「動き自体が初動と同じ」ことです。

 

「同じ」というと誤解を与えるので正確に表現します。

 

初動は出来高を伴って上昇する動きが「続き」ます。

 

一方、騙し上げやただの買上がりは出来高を伴って上昇する動きが「一時的」です。

 

つまり、株価が出来高を伴って上昇した瞬間は動きがまったく同じということです。

 

これでは間違った取引をしてしまうことは当たり前のように思えます。

 

事実、仕手筋は初動での取引を嫌います。

 

なぜなら、上昇しきった段階で取引をして欲しいからです。

 

このことからも仕手筋が個人投資家に初動での取引をさせないために騙し上げなどの行為をすることは当然です。

 

さらにやっかいなのはこの騙し上げは一日単位ではないことがあります。

 

銘柄によっては月単位(極まれに年単位)と長い場合もあります。

 

仮にこの騙し上げにひっかかり取引をしてしまった場合、一度は上昇するため気持ちが高ぶりますが、買値よりも下がることが多いです。

 

上昇した(利益が出ている状態になった)にもかかわらずまさかの下落で確実に損切りが遅れます。

 

損切りできればいいですが、騙し上げの事実に気づくことができずズルズル下がって(損失が拡大)いく状態を経験したことがあると思います。

 

こんな悲惨な状態になれば仕手筋の思う壺で、結果的に大きな損失を出すだけです。

 

これが初動の判断の難しさです。

 

 



 

 

初動を起こす条件

 

初動を起こす条件としてはまず考えられるのは玉集めの完了です。

 

これはいうまでもないと思います。

 

あとは日経平均が示す相場環境です。

 

日経平均が上がりすぎでもなく下がりすぎでもない状態が理想的です。

 

つまり、優良株以外にも目がいく状態が好ましいです。

 

ただ、最近はあまり関係ないようにも感じます。

 

また、好材料のIRによる上昇がきっかけになることは以前より少なくなったように感じます。

 

ネットによる情報操作で注目度の調節が可能だからかもしれませんが、単純に株価の動きが読まれるようになったからだと解釈しています。

 

初動の前兆を知ることはできないのか

 

仕手筋の動きは常に変化しています。

 

なぜなら、同じ動きをしていては個人投資家を操れないからです。

 

今はネット社会です。

 

単純な動きや知られすぎた動きはすぐに役に立たなくなります。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

答えはただ一つです。

 

初動前の動きを徹底的に分析するしかありません。

 

「徹底的に分析する」とは、多くの分析結果から統計を取り「あることが確認されれば近いうちに初動が起こる可能性が高い」という方程式を見つけることです。

 

ですが、仮に見つけることができてもそれがいつまで通用するかは分かりません。

 

さらにいえば、通用しなくなったことをいち早く察知できなければ近い将来確実に損失を出すことにつながります。

 

つまり、再度違う方程式を見つけることでしか初動の前兆を知る(仕手株で利益を出す)ことはできないのです。

 

このことにより、投資の世界は一見不労収入のように思えますが、実際はかなりの労働収入だということが理解できると思います。

 

つまり、サラリーマンと同様に努力なしで大金を稼ぐことはできないのです。

 

さいごに

 

現在使っている初動の前兆のサインをこの記事に書くつもりでキーボードを打っていましたがやめることにしました。

 

なぜなら、有名な投資家のブログをみた結果わざわざ投資方法を書いてあるブログは一つもなかったからです。

 

仮に公表したところでいつかは通用しなくなります。

 

つまり無意味なことになります。

 

そればかりか投資で損失を出す投資家を増やすことにもなりかねません。

 

別の見方をすれば他人のやり方で手に入れたものはたいした価値がありません。

 

よって、期待してみにきてくださった方には申し訳ないのですがこれで終わりにします。

 

ただ、損失を防ぐことに関してはほんの少しかもしれませんが役に立ったのではないかと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:仕手株投資 



人気の投稿とページ
カテゴリー
仕手株分析データ

2019

仕手株 メディネット 2370

仕手株 ビットワングループ 2338

仕手株 トランスジェニック 2342

仕手株 新都HD 2776

仕手株 レカム 3323

仕手株 リネットジャパングループ 3556

仕手株 アクセルマーク 3624

仕手株 モブキャストHD 3664

仕手株 オルトプラス 3672

仕手株 児玉化学工業 4222-2

仕手株 メディカルシステムネットワーク 4350

仕手株 アンジェス 4563

仕手株 ナノキャリア 4571

仕手株 キャンバス 4575

仕手株 ジーンテクノサイエンス 4584

仕手株 オンコリスバイオファーマー 4588

仕手株 窪田製薬HD 4596

仕手株 アサヒ衛陶 5341

仕手株 ハイアス・アンド・カンパニー 6192

仕手株 前澤工業 6489

仕手株 Nuts 7612

仕手株 スリー・ディー・マトリックス 7777

仕手株 アルメディオ 7859

仕手株 アルデプロ 8925

仕手株 小僧寿し 9973

2018

仕手株 テラ 2191

仕手株 ヴィレッジヴァンガード 2769

仕手株 石垣食品 2901

仕手株 ネオス 3627

仕手株 アエリア 3758

仕手株 日医工 4541

仕手株 カイオム・バイオサイエンス 4583

仕手株 リボミック 4591

仕手株 フィンテックグローバル 8789-2

仕手株 エイアリンク 8914

2017

仕手株 ASJ 2351

仕手株 ピクセルカンパニーズ 2743

仕手株 プロスペクト 3528-3

仕手株 enish 3667

仕手株 リミックスポイント 3825

仕手株 児玉化学工業 4222-1

2016

仕手株 ソフトフロントHD 2321

仕手株 ハイブリッド・サービス 2743

仕手株 日本アジア投資 8518

2015

仕手株 ジャパン・フード 2538

仕手株 SOL HD 6636

仕手株 プロルート丸光 8256

2014

仕手株 グローベルス 3528-2

仕手株 不二精機 6400

仕手株 大黒屋HD 6993

仕手株 フィンテックグローバル 8789-1

2013

仕手株 大盛工業 1844-2

仕手株 Oakキャピタル 3113

仕手株 グローベルス 3528-1

仕手株 東海観光 9704

2012

仕手株 大盛工業 1844-1

Twitter でフォロー




運営者情報

元数学教師×仕手株専業投資家

チャート分析、板情報の分析、出来高の分析、第三者割当新株予約権の分析、大量保有報告書の分析、そしてそれらの確率統計学により、仕手株で利益を出し続ける方法を導き出しました。

(株価動向は日々変化するため、まだまだ分析は継続中です)

ブログを通じて考え方や手法を公開することで、株式投資で継続して利益が出る喜びを共有できればと思っています。

ほんの一例ではありますが、日々の株価動向(仕手株銘柄)の記録をお伝えしていきたいと思います。

運営者情報及び免責事項

無料メール登録

メールアドレスを登録すれば、ブログ更新のお知らせをメールで受信できます。

ページの先頭へ