銘柄コード・企業・ファンドから検索

仕手株 ピクセルカンパニーズ 2743


仕手株であると断定した理由

 

  1. 第三者割当新株予約権の発行
  2. 割当先後方支援投資事業組合の存在
  3. 希薄率最大24.4%の発行条件
  4. 大量保有報告書の軌跡
  5. 株価3桁の低位株

 

この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。

 

ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。

 

なお、分析期間は2019.02.14~2020.07.30です。

 

→株価動向の進展があれば追記いたします。

(2020年7月30日追記)

 

*最新の分析結果はコチラ

 

 

はじめに

 

 

「ピクセルカンパニーズ」はこのIRによって何を求めているのでしょうか。

 

それは「成長投資資金の確保」です。

 

株価は順調に資金調達が進めば上昇するはずです。

 

割当先である「後方支援投資事業組合」は過去多くの銘柄を上昇させた実績がありません。

 

しかし、上昇する可能性があるため投資対象にしました。

 

ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。

 

ですが、これこそが仕手株の醍醐味だと思います。

 

 

発行

 

 

2019年2月14日に第三者割当による新株予約権の発行に関するIRがありました。

 

以下は発行の詳細です。

 

新株式の概要

  • 発行株式数  :1,000,000株
  • 当初行使価額 :190円
  • 下限行使価額 :190円

 

新株予約権の概要(第9回)

  • 発行株式数  :4,000,000株
  • 当初行使価額 :190円
  • 下限行使価額 :190円

 

 

行使中

 

 

大量行使に関するお知らせのIRや、大量保有報告書データベースにおいて行使が進んだ場合に追記しています。

 

2019年04月01日現在行使率は5%。

 

2019年04月05日現在行使率は11%。

 

2019年04月10日現在行使率は36%。

 

2019年04月17日現在行使率は55%。

 

2019年04月26日現在行使率は60%。

 

2019年05月09日現在行使率は63%。

 

 

完了

 

 

(第9回)

第三者割当による新株予約権の行使の完了は2019年12月20日です。

 

 

株価動向速報1

 

 

chart.jpg

 

 

2019年5月15日に出来高を伴った下落がありました。

 

決算IRを受けての反応でした。

 

大きく下げたためしばらく様子見です。

 

 

株価動向速報2

 

 

chart.jpg

 

 

2019年9月12日に出来高を伴った上昇がありました。

 

今のところ初動であるかは分かりません。

 

なぜなら、初動は後になって確定されるからです。

 

ただ、今回のような動きがあることは仕手筋の取り組み姿勢を図るうえでとても重要です。

 

取引については全力買、打診買、もしくは初動と確定するまで取引しないでもいいと思います。

 

(追記)

株価下落のため初動ではないことが確定しました。

 

 

株価動向速報3

 

 

chart.jpg

 

 

2019年10月29日に出来高を伴った上昇がありました。

 

今のところ初動であるかは分かりません。

 

なぜなら、初動は後になって確定されるからです。

 

ただ、今回のような動きがあることは仕手筋の取り組み姿勢を図るうえでとても重要です。

 

取引については全力買、打診買、もしくは初動と確定するまで取引しないでもいいと思います。

 

(追記)
株価下落のため初動ではないことが確定しました。

 

 

株価動向速報4

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月14日に出来高を伴った上昇がありました。

 

かなりの出来高を伴いましたがただの買い上げのようです。

 

残念ながら初動ではありませんでしたが、今回のような動きは仕手株であれば間違いなく何回か起こります。

 

その度に初動ではないかと冷や冷やしますがもう慣れました。

 

 

株価動向速報5

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月27日に出来高を伴った上昇がありました。

 

調節しながら少しずつ上昇している感じです。

 

まだまだ約定回数も少ないため、しばらく小さな動きが続きそうです。

 

もしくは210円を抜けたタイミングで上昇が加速してくるかもしれません。

 

 

株価動向速報6

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月12日に出来高を伴った上昇がありました。

 

もみ合いながら徐々に上昇しています。

 

いい流れだと思います。

 

もう少し株価が大きく動いてもいいと思うのですが今のところ慎重に動いています。

 

 

株価動向速報7

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月25日に最安値を更新しました。

 

最安値は164円です。

 

 

株価動向速報8

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月27日に最安値を更新しました。

 

最安値は155円です。

 

 

株価動向速報9

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月28日に最安値を更新しました。

 

最安値は131円です。

 

 

株価動向速報10

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月25日に出来高を伴った上昇(ストップ高)がありました。

 

直近の高値(209円)から下落率62%の79円まで大きく下落しました。

 

そのリバウンドとも考えられる上昇でした。

 

相場環境に後押しされた上昇とも考えられます。

 

ただ、あまりに下落したため割当先が介入しているか疑問です。

 

よって、取引は控えています。

 

 

株価動向速報11

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月30日に出来高を伴った上昇がありました。

 

出来高を伴いましたがあまり上昇しませんでした。

 

ただ、まだまだ株価は戻してもいないため上昇が期待できます。

 

ですが、取引はしていません。

 

 

株価動向速報12

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月12日に出来高を伴った上昇がありました。

 

少しずつですが順調に上昇しています。

 

コロナショック以前の株価まで戻していない数少ない銘柄のうちの一つです。

 

 

株価動向速報13

 

 

chart.jpg

 

 

2020年6月15日に出来高を伴った上昇がありました。

 

相場環境が不安定にもかかわらず高値を更新してきました。

 

期待できそうな動きです。

 

今後が楽しみです。

 

 

株価動向速報14

 

 

chart.jpg

 

 

2020年6月19日に出来高を伴った上昇がありました。

 

大引けにかけて急上昇してきました。

 

上昇に勢いがついてきました。

 

さらなる上昇に期待です。

 

 

株価動向速報15

 

 

chart.jpg

 

 

2020年7月1日に出来高を伴った上昇がありました。

 

最高値を更新しました。

 

急上昇こそしませんが確実に上昇しています。

 

そろそろ出来高を伴って大きく上昇してくるように思います。

 

 

株価動向速報16

 

 

chart.jpg

 

 

2020年7月2日に出来高を伴った上昇がありました。

 

ここにきて出来高が増えてきました。

 

本格的な上昇の始まりなのでしょうか。

 

順調すぎるのも少し不気味ですが。

 

 

株価動向速報17

 

 

chart.jpg

 

 

2020年7月3日に出来高を伴った上昇がありました。

 

相当な出来高を伴って大きく上昇しました。

 

来週が楽しみな銘柄になってきました。

 

 

株価動向速報18

 

 

chart.jpg

 

 

2020年7月6日に出来高を伴った上昇がありました。

 

大きな出来高を伴って大きく上昇しました。

 

いい流れです。

 

一気に上昇していくのでしょうか。

 

 

株価動向速報19

 

 

chart.jpg

 

 

2020年7月7日に出来高を伴った下落がありました。

 

前日の上昇がなかったことになってしまいました。

 

これほどまでの下落は想定外です。

 

何かが上手くいかなかったのでしょうか。

 

さすがにここからさらに大きく下落していくことはないと思いますが念のため注意したいと思います。

 

 

株価動向速報20

 

 

chart.jpg

 

 

2020年7月28日に出来高を伴った下落がありました。

 

後場から一気に下落してしまいました。

 

せっかくの上昇がなかったことになりました。

 

不安定な銘柄です。

 

出来高を伴って下落したためこのまま下落していく可能性が高いです。

 

 

取引を終えて

 

 

2020年7月30日のIRにおいて新たに新株予約権が発行されることとなりました。

 

同じ割当先、もしくは長期保有が目的の大株主なら問題ないのですがまったく違う割当先のためこの銘柄の取引は控えたいと思います。

 

 


最近の投稿

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ