銘柄コード・企業・ファンドから検索

企画 2022年7月

企画について

 

 

有料にて私の取引銘柄の株価動向速報を公開します。

 

私と一緒に銘柄考察し、仕手株についての理解を深めるのが目的です。

 

ついでに、私と同じ銘柄を同じタイミングで取引することで利益を出せます。

 

ただ、これが目的だとその後の成長はほぼありません。

 

ですが、それもまたあなたの判断です。

 

今回の企画が私にとって投資家人生最後の共有と考えています。

 

企画自体は長期戦になるはずです。

 

以下は具体的な内容です。

 

①取引候補及び取引銘柄の詳細

②大引け後に株価動向速報の公開

③買取引、損切り、売取引の詳細

 

購入は月単位になります。

 

例えば5月分を4月末に購入すると、次月分(5月1日~5月31日)の内容をほぼリアルタイムで見ることができます。

 

(月の途中でも購入は可能、販売開始時期は月末です、前払いのような感覚です)

 

よって、月末に「次月分を購入して企画を続けるか」の判断を自由にしてもらう形にします。

 

価値がないと判断したらすぐ辞められます。

 

また、「すべての投資家が購入した方がいい」とは思っていません。

 

以下の基準を理解した投資家が、購入に適していると思います。

 

理由は、私にとって最後であり、物凄く真剣だからです。

 

ご理解いただけると思っています。

 

では、その基準について思うことについて書いてみました。

 

 


 

 

苦しみを覚悟できるか

→損失は防げない

→失敗は何よりの経験

 

自己責任を貫けるか

→取引の判断はすべて自分

→投資家は自分ひとりとの戦い

 

ポジティブを維持できるか

→学ぶ姿勢はあるか

→多くの投資家はすぐに諦める

 

長期的な成長を信じられるか

→簡単には成功しない

→自己信頼は専業投資家の証

 

投資家を続けたいと強く思うか

→投資家は最も困難な職業の一つ

→成功して堂々と専業投資家に

 

 

はじめはやましい気持ちでいい

 

同じ銘柄を同じタイミングで取引すれば利益が出るだろうと

 

ただ、それだけだとたった一回の利益で終わる

 

そんなことは初心者でも簡単にできる意味のないこと

 

考え方を自分の中にしっかり落とし込んでほしい

 

どんなときにどんな考え方をするのか

 

成功している投資家がどういう捉え方をしているのか

 

どんな気持ちで相場に臨んでいるのか

 

そしてどんな判断をするのか

 

すべてを感じきってほしい

 

私は真剣、だから皆さんも真剣で

 

価値があるため販売価格が高いのは当然

 

お互いの貴重な時間を使っているのだから

 

とはいえ、現実も知っていてほしい

 

投資家を志してもほとんどが途中で辞めてしまう

 

理由はいくつかあるが自分で諦めるのがほとんど

 

だから、毎月自分で自分を判断できる仕組みにした

 

とりあえず1ヶ月やってみて次の1ヶ月もやりたくなったらやればいい

 

自分には無理と思ったら辞めればいい

 

私が役に立てることはそうはない

 

諦める投資家に対してはたとえ時間を割いても無理だ

 

これはお互いの現実として受け入れてほしい

 

ただ諦めない投資家にはきっと役に立てると思う

 

 

得られること

 

 

取引監視銘柄と取引候補銘柄

 

次に取引の仕方

 

そして仕手株の考察

 

さらにそれをどう解釈してどう取引していくか

 

最終的にはどう利益を出し続けていくか

 

 

企画の真意

 

 

自己信頼できる投資家になるため

 

投資を通して自信を持ち、経済的にも余裕ができ、その後の人生を有意義にするため

 

個人として真の独立を果たすため

 

 

成功

 

 

この企画に参加することで、少しでも多くの投資家としての成功者が誕生したらと強く思います。

 

ただ、言葉で言うのは簡単です。

 

「具体的に日々何をやっていけば投資家として成功するのか」を事前にお伝えしておきます。

 

その方が企画に参加する価値が出てくると思います。

 

では始めます。

 

まず大前提として、投資家で成功する自信を持ってください。

 

ハッタリで構いません。

 

そうでなければ、どこかのタイミングで「何をやればいいのか分からなくなる」「やっていることに意味があるのか不安になる」「どうせ自分には無理」「できるわけない」と諦める理由を言いだし、最終的に投資家を辞めるのが目に見えています。

 

とはいえ、「そう簡単に成功するかぁ!」と思うはずです。

 

確かにその通りです。

 

そう簡単には成功しません。

 

ただ、成功するとさえ思っていなければ成功すらしません。

 

これはハッキリとした事実です。

 

では具体的にどうすればいいのか。

 

私の経験を元に進めていきます。

 

まずは日々の「板」「歩み値」「約定の仕方」「出来高」「チャート」から何を感じたかをノートに書き込みます。

 

このとき、銘柄別に分けるといいと思います。

 

私は無印良品の小さなノート(茶色の表紙のB5サイズ5冊セット)を愛用していました。

 

「何を書けばいいのか」と思うかもしれませんが、何でもいいです。

 

自分の感性と付き合っていくのですから、何が良くて何が悪いはありません。

 

強いて言うなら、仕手筋(投資ファンド)目線で考えることです。

 

これと私の株価動向速報とを照らし合わせ、答え合わせをするといいと思います。

 

(既に実行している企画参加者様がいます)

 

これを繰り返すことで、仕手筋(投資ファンド)の思考回路に染まっていきます。

 

そうなれば、決して一般的な個人投資家の考え方にはなりません。

 

つまり、「上昇してから取引」「下落したら損切り」です。

 

必ず「下落したら取引」「上昇したら利益確定」になります。

 

とは言うものの、最初のうちは不安でいっぱいです。

 

株価動向においては、上昇するような感じがするけど確信がない状態のはずです。

 

大丈夫です。

 

それなりの経験をしている私でも「絶対上昇する確信」はありません。

 

ただ、「上昇する可能性が高い」はあります。

 

日々相場と向き合うことでしか、上昇する可能性の精度を高めることはできません。

 

相場に真剣に向き合った投資家のみが、獲得できる特権だと思います。

 

そして、この特権を獲得すれば、多くの情報の中から価値のある(信憑性の高い)情報を見抜くこともできます。

 

誰もが考える単純な情報なのか、それとも経験がなければたどり着けない価値のある情報なのか、のような感覚です。

 

別の言い方をすれば、惑わされなくなるというか…

 

この段階までいけば自分の中にしっかりとした考えの軸があるため、他人の考える薄っぺらい情報など気にならなくなります。

 

最終的なことを言えば、取引候補銘柄がいつ上昇し始め(買取引)、いつ下落し始める(売取引)かが分かればいいだけです。

 

その前に取引監視銘柄から探さなければなりませんが、幸い企画に参加することでいくつか知ることができます。

 

ですので、日々やることはそれほど高いハードルがあるわけではありません。

 

毎日真剣に自分と相場に向き合えるかどうかだけです。

 

 

厳守事項

 

 

・無理な信用取引(使わないが理想)

・余裕資金で投資する(借金しない)

・集中投資しない(分散投資の徹底)

・新株予約権の再発行時は必ず損切り

・自分で考えることを怠らない

 

以上のことが厳守できなければ、損失が拡大する恐れがあります。

 

当たり前ですが、投資は自己責任です。

 

 

第3シーズン突入

 

 

第1シーズンでは、株式投資における基礎が中心でした。

 

第2シーズンは、成功する投資家になるための投資心理が中心でした。

 

第3シーズンは、最終章と位置づけています。

 

企画が始まってからずっと株価動向速報を公開してきました。

 

その株価動向の集大成が、第3シーズンの中心となります。

 

以下はその具体的な内容になります。

 

・株価動向の理論

・株価動向の法則

・株価動向の判断基準

・株価動向の結論

・仕手筋(投資ファンド)の結論

・第三者割当新株予約権の結論

・超低位株投資法の結論

 

第3シーズンは、株価動向が完全に自分のものになることが目的です。

 

最後(成功する投資家になる)まで責任を持って企画を運営いたします。

 

企画終了までお付き合いいただけますと幸いです。

 

 



 

 

応援クリック頂けると嬉しいです

 

カテゴリ:有料書籍  [コメント:0]



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト活用法
人気の投稿とページ
最近の投稿
有料書籍
投資家別カテゴリーのご案内
当サイトの決済システム
報告

ページの先頭へ