相場観 2022年8月


投資を始めてから20年が経とうとしています。

 

「大きな利益を出した経験」「大きな損失も出した経験」を教訓に投資家の皆さんと「利益を出し続けるために必要な何か」を共有するために、日々の相場観についての考察を公開していこうと思っています。

 

直接的な銘柄の公開はありませんが、仕手株専業投資家として相場の感覚を掴むために必要な「心理」や「考え方」を中心に進めていければと思います。

 

私なりに思ったことがあれば、サイト内の別ページにて付け足しています。

 

ぜひご覧ください。

 

(このページは簡潔にまとめることを軸にしています。)

 

それでは、いつまで続けられるか分かりませんがよろしくお願いします。

 

 

 

2022年08年10日

 

 

日経平均株価は180円安で引けました。

 

中国市場は冴えない動きが続いています。

 

完全に連れ安はしていませんが、世界市場の失速の一因になるので少し心配です。

 

祝日明けの日本市場が、暴落で終わらないことを願います。

 

 

2022年08年09日

 

 

日経平均株価は249円安で引けました。

 

当然の流れだと思います。

 

ソフトバンクグループ(9984)の下落の影響が大きかったと思います。

 

他の企業も続かなければ良いのですが…

 

上場廃止銘柄が出ました。

 

テラ(2191)です。

 

久しぶりです。

 

早速マネーゲームが展開されました。

 

 

2022年08年08日

 

 

日経平均株価は73円高で引けました。

 

上昇が続いています。

 

それだけ決算内容が良いのだと思います。

 

夏枯れ相場にもかかわらず、日経平均株価はしっかりとした動きになるのでしょうか。

 

 

2022年08年05日

 

 

日経平均株価は243円高で引けました。

 

28,000円をすんなり回復しました。

 

明らかに上昇し過ぎだと思います。

 

日本経済の何が日経平均株価に反応しているのでしょうか。

 

 

2022年08年04日

 

 

日経平均株価は190円高で引けました。

 

前日の米国株の大幅上昇に連れ高しました。

 

日本市場は不気味なほどに順調な動きをしています。

 

もう少し上昇すれば、30,000円を意識したニュースが飛び交うようになると思います。

 

この状態にまでなれば、少しは安心感が持てるかもしれません。

 

 

2022年08年03日

 

 

日経平均株価は147円高で引けました。

 

前日の反動で少し戻した感覚です。

 

米中の緊張感が高まったことによる動きは、一旦収まったようです。

 

今後も台湾を巡ったニュースが繰り返されると思います。

 

その度に株価が反応するのかは分かりませんが、重要なニュースだと判断しています。

 

 

2022年08年02日

 

 

日経平均株価は398円安で引けました。

 

一時500円近く下落しました。

 

中国市場はさらに大きく下落しています。

 

日本市場だけに目を向ければ、円高に向かったことが大きいように思います。

 

かなり騒いでいた円安ですが、いざ円高になると今後は株価に影響してきました。

 

すべてのことがうまくいくことはないようです。

 

 

2022年08年01日

 

 

日経平均株価は191円高で引けました。

 

ほぼ28,000円を回復しました。

 

素直に喜んで良いのでしょうか。

 

世界中が抱えている経済状況と照らし合わせると、まだ違和感があります。

 

それでも、投資は少し先の未来を表すため、そのうち改善に向かうのでしょうか。

 

これから、本格的な決算が始まります。

 

下方修正が相次ぐことなく、平坦でも良いので無事に通過することを願います。

 

 


カテゴリ:相場観  [コメント:0]



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ