銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株投資で失敗しないために考えるべきこと8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

何をやるにしても失敗はしたくないものです。

 

特に投資であれば「失敗=お金を失う」ことになるのでなおさらです。

 

投資の中でも株、さらに絞って仕手株において考えるべきことをまとめてみました。

 

取引する前に考えることで失敗を防げるはずです。

 

それでは、「仕手株投資で失敗しないために考えるべきこと8選」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

 



 

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

考えるべきこと8選は以下の通りです。

 

  1.  買うタイミング
  2.  売るタイミング
  3.  塩漬け
  4.  損切り
  5.  仕手株選び
  6.  分散投資
  7.  IR
  8.  指標

 

買うタイミング

 

少なくても大きく下落した後になります。

 

なぜなら、将来的に上昇させるためには一度大きく下落させる必要があるからです。

 

また、最安値更新後も狙い目です。

 

ただ、早まって取引してしまうと確実に損失が出ます。

 

よって、ナンピン買いはあまりお勧めしません。

 

買うタイミングとしては初動(出来高を伴った上昇)の瞬間です。

 

失敗しないためには初動まで我慢強く待ち続けることが重要です。

 

*さらに詳しくはコチラ↓

 

 

仕手戦開始のサインは何?毎回騙されている方はいませんか

 

 

仕手株投資のみで生き残るために初動取引に徹底的にこだわる

 

 

売るタイミング

 

上昇の最高値で利益確定しようと思わなければそれほど難しくはないはずです。

 

出来高を伴った上昇が続いたときが売るタイミングです。

 

このタイミングを逃さないためにも欲の出し過ぎには要注意です。

 

「あともう少し上昇したら」「〇円を超えたら」「〇倍になったら」はとても危険な考え方です。

 

売るタイミングを逃しズルズル下落していく光景を見る羽目になります。

 

最悪得られたはずの利益さえも失います。

 

失敗しないためにはあらかじめ決めていたことよりも相場の感覚で売るタイミングを決める方が重要です。

 

*さらに詳しくはコチラ↓

 

 

仕手戦終了のサインは何?売るタイミングはとても難しい

 

 

塩漬け

 

塩漬けになってしまうパターンは2通りあると思います。

 

1つは「初動を確認する前に取引してしまいその後仕手化しなかった」パターンです。

 

上昇することを前提にして取引したにもかかわらず上昇しないのであれば確実に塩漬けになってしまいます。

 

仕手筋頼みの上昇がないのですから。

 

もう1つは「上昇している仕手株に飛びつき買いしてしまいその後下落し売るに売れなくなってしまった」パターンです。

 

仕手戦が継続していればまた上昇しますが完全に終了した場合は上昇することはありません。

 

いずれにしても失敗しないためには買うタイミングを間違えないことが重要です。

 

*さらに詳しくはコチラ↓

 

 

仕手株投資における損失について知ろう

 

 

損切り

 

投資の世界で長期的に利益を出し続けていくには損切りが重要だと言われています。

 

ただ、仕手株に限っては取引のタイミングさえ誤らなければ損切りする機会はあまりありません。

 

強いて言えば相場が急変したときくらいです。

 

ですが、失敗しないためには機械的に損切りする仕組みを作ることが重要です。

 

仕手株選び

 

仕手株投資の場合はそれほど迷うことはありません。

 

なぜなら、仕手筋が選んでくれるからです。

 

「仕手株選び」と言うよりは「複数存在する仕手筋の中からどの仕手筋を選ぶか」と言えます。

 

さらに言えば初動が近い仕手株が投資対象になるため選ぶという概念はありません。

 

失敗しないためには信用できる仕手筋に任せることが重要です。

 

*さらに詳しくはコチラ↓

 

 

どの銘柄に投資する?仕手株投資は考えることがたった一つしかない

 

 

仕手株銘柄の探し方 条件はたった3つしかない

 

 

分散投資

 

分散投資と聞くとイメージとしては株・為替・仮想通貨など異なる商品に分散することを想像すると思います。

 

ですが、ここでいう分散投資はすべて仕手株です。

 

つまり、「一つの仕手株に集中投資する」ではなく「複数の仕手株に分散投資する」です。

 

「リスクの軽減」とも言えますが一番の狙いは「機会損失をなるべくなくすこと」に重点を置いています。

 

仕手株はいつ初動になるか分かりません。

 

ですので、常に取引できるように準備しておく必要があります。

 

なるべく多くの仕手株の初動で取引することで得られたはずの利益をみすみす逃すことがなくなります。

 

これが失敗しないことにつながります。

 

*さらに詳しくはコチラ↓

 

 

仕手株投資における利益追求型分散投資を実践してみた

 

 

IR

 

IR(Investor Relations:インベスター・リレーションズ)とは、企業が株主や投資家向けに経営状態や財務状況、業績の実績・今後の見通しなどを広報するための活動を指します。

 

仕手株とこのIRは切っても切れない重要な存在です。

 

なぜなら、IRによって株価が動くことが多いからです。

 

最近ではSNS(yahoo掲示板、Twitter、ブログ)も仕手筋は上手く使うようなりました。

 

仕手筋は情報操作に長けています。

 

よって、IRやSNSに過剰に反応してしまうと仕手筋の思うがままに操られてしまいます。

 

失敗しないためにはいちいち反応しないことが重要です。

 

指標

 

取引をするにあたって必ず何かしらの指標を利用すると思います。

 

ひとたびチャートを開けば数多くの指標が表示されます。

 

投資家によって重要視している指標が違います。

 

どの指標で判断するかは分析と経験を重ねてようやくたどり着くものです。

 

ですのでこればっかりは私の判断ですが一番重要だと判断している指標は出来高です。

 

なぜなら、仕手筋の行動が出来高に表れるからです。

 

失敗しないためには多くの指標ではなく一つの指標に絞って分析することです。

 

*さらに詳しくはコチラ↓

 

 

仕手株投資において絶対に欠かせないもの それは出来高分析です

 

 

株価の動向を確率統計学で考える

 

 

終わりに

 

私の投資経験から仕手株投資で失敗しないためには「何を考えるべきか」をまとめてみました。

 

多くの失敗(多くの損失)を経て今があります。

 

投資の世界で生きていくにはいかに損失を減らせるかだと思います。

 

これからもおそらく失敗を重ねていくはずです。

 

なぜなら、時代の変化で今まで通用していた投資方法が通用しなくなるからです。

 

もしこれから起こる失敗を乗り越えることができたなら今回のようにブログで共有していきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング






メールアドレス登録(無料)

                        メールアドレス登録にて新着記事公開のお知らせをメールで受信できます。
                        なお新着記事は毎週、株価動向速報は毎日更新です。
                        有料メルマガの登録ではありません。
                        

956人の購読者に加わりましょう

投資家別カテゴリーのご案内

株投資に興味がある投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

ページの先頭へ