銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株 小僧寿し 9973

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

仕手株であると断定した理由

 

  1. 第三者割当新株予約権の発行
  2. 割当先EVO FUNDの存在
  3. 希薄率最大12.6%の発行条件
  4. 大量保有報告書の軌跡
  5. 株価2桁の超低位株

 

この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。

 

なお、分析期間は2020.04.22~です。

 

→株価動向の進展があれば追記いたします。

(2020年5月28日追記)

 

*過去の分析結果はコチラ

 

 



 

 

はじめに

 

「小僧寿し」はこのIRによって何を求めているのでしょうか。

 

それは「財務体質の改善」です。

 

株価は順調に資金調達が進めば上昇するはずです。

 

割当先である「EVO FUND」は過去多くの銘柄を上昇させた実績があります。

 

そのため投資対象にしました。

 

ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。

 

ですがこれこそが仕手株の醍醐味だと思います。

 

発行

 

2020年4月22日に第三者割当による新株予約権の発行に関するIRがありました。

 

以下は発行の詳細です。

 

新株予約権の概要(第7回)

  • 発行株式数  :5,800,000株
  • 当初行使価額 :18円
  • 下限行使価額 :10円

 

行使中

 

大量行使に関するお知らせのIRや、大量保有報告書データベースにおいて行使が進んだ場合に追記しています。

 

2020年05月15日現在行使率は17%。

 

2020年05月18日現在行使率は34%。

 

2020年05月19日現在行使率は52%。

 

 



 

 

完了

 

第三者割当による新株予約権の行使の完了は2020年5月20日です。

 

「行使の完了前」に初動が起こり上昇が始まっています。

 

 

株価動向速報1

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月24日に出来高を伴った上昇がありました。

 

寄り付き直後に19円で100万株を超える大口買がありました。

 

行使価額を低くするために株価を下落させてくると思っていたので意外な動きでした。

 

少なくてもこのまま上昇することはないと考えています。

 

株価動向速報2

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月27日に出来高を伴った上昇がありました。

 

20円で大きくもみ合いましたが抜けることはありませんでした。

 

この先の動きが全く読めません。

 

「上昇するかも」程度の確信では取引(買増し)しない方がいいです。

 

「取引しなかったことで上昇を逃し悔しい思いをする」よりも「取引しなかったことで損失を免れた」ことの方が断然いいです。

 

一時的な利益ではなく継続した利益を得るためには必要不可欠な考え方です。

 

株価動向速報3

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月7日に出来高を伴ったもみ合いがありました。

 

19円で大きくもみ合いました。

 

以前のような出来高がなくなってきたように思います。

 

コロナウイルスがどれだけ業績に影響しているか分からないため株価も不確定要素が相当あります。

 

まだまだリスクを取るような銘柄ではないように思います。

 

株価動向速報4

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月11日に出来高を伴った上昇がありました。

 

大引け間際に21円22円23円24円と大きく買われました。

 

初動のようですが珍しく取引しませんでした。

 

この銘柄の取引は見送る予定です。

 

主な理由は取引優先順位が低かったからです。

 

株価動向速報5

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月12日に出来高を伴った下落がありました。

 

23円22円で売られました。

 

出来高はそこそこあるものの約定数が少ないのが気になります。

 

それほど注目されていないのでしょうか。

 

株価動向速報6

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月14日に出来高を伴った上昇がありました。

 

相場環境が悪かったにもかかわらず上昇しました。

 

約定数も増え一安心です。

 

株価動向速報7

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月15日に出来高を伴った下落がありました。

 

一難去ってまた一難です。

 

決算IRの延期です。

 

一度ならず二度も…

 

*さらに詳しくはコチラ

 

株価動向速報8

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月18日に出来高を伴ったもみ合いがありました。

 

23円24円でもみ合いました。

 

もはやどんな材料でも株価はびくともしない状態になりました。

 

行使が進んでいるため少なくても上場廃止にさせるつもりはなさそうです。

 

株価動向速報9

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月19日に出来高を伴った上昇がありました。

 

25円26円と大きく買われました。

 

明日のIR期待の上昇なのかもしれません。

 

個人的にはこのまま上昇せずもう一度下落してほしいです。

 

株価動向速報10

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月20日に出来高を伴った上昇がありました。

 

相当な出来高を伴って大きく上昇しました。

 

決算IRの内容も良くPTSでは上昇しています。

 

すんなり上昇するかがこれからの焦点だと思います。

 

株価動向速報11

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月21日に出来高を伴った上昇がありました。

 

久しぶりに大きく動きました。

 

ですが、今後につながる動きではありませんでした。

 

IRの内容としては良かったのですが大きく売られたようにも思います。

 

コロナ相場の中、どのようにして存在感を出していくのか興味深い銘柄です。

 

株価動向速報12

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月25日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

寄り付きからの下落もなかなかでしたがそれよりも引け間際の下落はすさまじかったです。

 

仕手筋の恐ろしさを再認識させられました。

 

昔のように飛びつき買をしていたら完全にアウトでした。

 

引けにかけて45円まで上昇したことも意味深です。

 

株価水準で考えるとそれほど高くはないのですが、おそらく大量の買が入ったためそこに大量の売をぶつけたんだと思います。

 

元々の行使価額は2円のためあり得ることだと思います。

 

ここまで大胆な売抜けを見せられたからには誰だって明日から警戒するはずです。

 

ただ、どうなるか分からないのが仕手株だとも思います。

 

株価動向速報13

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月26日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

特に不安になることがない動きでした。

 

ただ、上昇はしたものの下落もしました。

 

出来高もあります。

 

ここからさらに上昇していくのか、もしくは下落していくのか。

 

後から分かることなので無意味なことですが、もし前日の大引け間際の動きが売抜けではなく振り落としだとしたらさらに上昇する確率は高いです。

 

仕手筋の動きは過去と同じではなく必ず変わっていきます。

 

もしかしたら、大胆な振り落としなのかもしれません。

 

株価動向速報14

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月27日に出来高を伴ったもみ合いがありました。

 

荒い動きが続いていますが下落していく感じはなくなりつつあります。

 

無理やりにでも黒字転換させたことが大きかったのでしょうか。

 

株価動向速報15

 

 

chart.jpg

 

 

2020年5月28日に出来高を伴った下落がありました。

 

36円35円34円33円と大きく売られました。

 

それでもまだ十分高値圏です。

 

信用買が凄まじい勢いで増えているのが気になります。

 

それだけ注目されているのだとは思いますが。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング






メールアドレス登録(無料)

                        メールアドレス登録にて新着記事公開のお知らせをメールで受信できます。
                        なお新着記事は毎週、株価動向速報は毎日更新です。
                        有料メルマガの登録ではありません。
                        

1,287人の購読者に加わりましょう

投資家別カテゴリーのご案内

 

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

有料情報を知りたい投資家はコチラ

株投資に興味がある投資家はコチラ

経済学に興味のある投資家はコチラ

心理的に不安になる投資家はコチラ

 

ページの先頭へ