銘柄コード・企業・ファンドから検索

投資テクニック


 

 

投資心理については「また同じことを書いてる」と思われるほど、何度も繰り返してきました。

 

なぜなら、投資心理は「投資家の軸」という大きな理由があるからです。

 

その軸が完全に身についた状態が大前提ですが、この書籍では投資テクニックを一つ一つ順を追って進めていきます。

 

日々変わっていく仕手筋(投資ファンド)に対応していくための「手引書」としてご活用ください。

 

 

以下は有料部分の目次です

 

 

①出来高

②歩み値

③板情報

④日足チャート

⑤月足チャート

⑥IR

⑦相場環境

⑧発行

⑨下落途中

⑩底値(最安値)

⑪行使完了

⑫ただの買上げ

⑬初動

⑭振り落とし

⑮天井(最高値)

 

 

 

*2022年07月 追記・編集済

*2023年01月 追記・編集済

*2023年07月 追記・編集済

*2024年01月 追記・編集済

 

 




カテゴリ:有料書籍(一覧) 

最近の投稿

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ