取引の本質

    取引をするとき何を考えるか     ただ単に株式を買っているだけ     そう思うのは無理もない     自分の取引など相場に何の影響 もないから     ただそれだけでは根本的に間違っている     常に自分と反対の考えを持った投資家の存在を忘れてはいけない     取引は買いたい投資家と売りたい投資家がいてはじめて成り立つ     どち... 続きを読む


成長の実感

    取引は根拠さえあればいい     積極的に取引しよう     下落したら一つの取引が終わるだけ     まずは躊躇せず行動した自分を褒める     次に根拠が本当に機能しなかったのか深く分析する     たまたま意味なく下落した場合もあるからだ     一つの根拠が相場で成り立つかどうかハッキリするまで相当な時間がかかる     そう簡単に... 続きを読む


株式投資における情報の捉え方

    取引する判断の一つとして情報がある     IR、チャート、板情報、会社四季報…たくさんある     それらの情報をどう捉えるのがいいのか     多くの投資家はその情報の内容が重要だと考える     それが取引がブレる原因の一つであり損失の原因でもある     なぜなら、その情報の内容を自分で解釈し判断してしまうから     稼げる数少ない投資家は根本的に捉... 続きを読む







ページの先頭へ