銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株 小僧寿し 9973

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

仕手株であると断定した理由

 

  1. 第三者割当新株予約権の発行
  2. 割当先EVO FUNDの存在
  3. 希薄率最大296.2%の発行条件
  4. 大量保有報告書の軌跡
  5. 株価2桁の超低位株

 

この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。

 

なお、分析期間は2019.08.27~2020.04.22です。

 

→株価動向の進展があれば追記いたします。

(2020年4月22日追記)

 

*過去の分析結果はコチラ

 

*最新の分析結果はコチラ

 

 



 

 

目次

はじめに

 

「小僧寿し」はこのIRによって何を求めているのでしょうか。

 

それは「財務体質の改善」です。

 

株価は順調に資金調達が進めば上昇するはずです。

 

割当先である「EVO FUND」は過去多くの銘柄を上昇させた実績があります。

 

そのため投資対象にしました。

 

ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。

 

ですがこれこそが仕手株の醍醐味だと思います。

 

発行

 

2019年8月27日に第三者割当による新株予約権の発行に関するIRがありました。

 

以下は発行の詳細です。

 

新株予約権の概要(第6回)

  • 発行株式数  :52,000,000株
  • 当初行使価額 :11円
  • 下限行使価額 :11円

 

 

完了

 

第三者割当による新株予約権の行使の完了は2019年12月17日です。

 

「行使の完了後」に初動が起こり上昇が始まる予定です。

 

 



 

 

資金不足

 

2020年3月18日のIRにより資金不足が生じていることが分かりました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

「本新株予約権の発行により調達した資金の資金使途から、195百万円の不足が生じている状況となっております。この不足額を補い当該資金使途を計画通りに遂行するため、新たな資本政策を含めた資金調達の検討を進めてまいります」とのことです。

 

これはまた新株予約権の発行を意味しているように思います。

 

もしそうなれば株価は下落しかあり得ません。

 

コロナショックによりさらに資金不足になることは間違いないと思います。

 

株価動向速報1

 

 

chart.jpg

 

 

2019年8月28日に出来高を伴った下落がありました。

 

新株予約権発行のIRを受けてかなり下げました。

 

下限行使価額の11円付近まで下がるのか、もしくはそれ以上下がるのかは分かりませんが、取引の際は相当な注意が必要なのは確かです。

 

株価動向速報2

 

 

chart.jpg

 

 

2019年9月25日に出来高を伴った下落がありました。

 

下限行使価額(11円)に向けての動きが始まったようです。

 

まずは「どれくらいの期間をかけて下落していくのか」だと思います。

 

株価動向速報3

 

 

chart.jpg

 

 

2019年11月5日に出来高を伴った上昇がありました。

 

今のところ初動であるかは分かりません。

 

なぜなら、初動は後になって確定されるからです。

 

ただ、今回のような動きがあることは仕手筋の取り組み姿勢を図るうえでとても重要です。

 

取引については全力買、打診買、もしくは初動と確定するまで取引しないでもいいと思います。

 

株価動向速報4

 

 

chart.jpg

 

 

2019年11月8日に出来高を伴った上昇がありました。

 

大きく動いたものの後味の悪い下げ方をしました。

 

このまま初動になる可能性は低いように思います。

 

ただ、下がりきってはいないため取引は続けていきたいと思います。

 

株価動向速報5

 

 

chart.jpg

 

 

2019年11月13日に出来高を伴った上昇がありました。

 

明らかに動き始めました。

 

8894のような動きになるのでしょうか。

 

注目銘柄です。

 

株価動向速報6

 

2019年12月17日に行使完了のIRがありました。

 

これを受けてPTSが盛り上がっています。

 

最高値は32.9円まで上昇しました。(前日比+10.9円)

 

出来高は3,133,800です。

 

なかなかの出来高です。

 

上昇廃止懸念が払拭されたことでの上昇のようです。

 

明日の動きが楽しみです。

 

株価動向速報7

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月18日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

ほぼ寄り天でした。

 

思惑だけの上昇になってしまいました。

 

おそらく、東証から正式に発表されたところで織り込み済みとして反応するだけです。

 

この先上昇するかは仕手筋が現在どのような状況にあるかによって大きく変わっていきます。

 

8894と同じような動きになる(割当先が同じため)と思い込まず冷静に判断していきたいと思います。

 

株価動向速報8

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月19日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付きからわずか30分ほどで24円まで割りました。

 

その後は24円の買いが集まりもみ合いが続きました。

 

動きが読みにくいですが、このまま下がり続けてもいいような取引を心がけるべきだと思います。

 

行使価額が11円である以上、株価が1桁になっても仕手筋にとっては何の問題もありません。

 

株価動向速報9

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月20日に出来高を伴った上昇がありました。

 

寄り付き直後は売優勢でしたが24円の大口買もあり買優勢に変わりました。

 

ですが、それ以上は特になく大きく動いたわけではありません。

 

年末のためほとんど動かないように思いますが仕手株は思いがけない動きをするのも事実です。

 

ある程度の出来高を維持していくならば近いうちに大きな動きがあると思います。

 

株価動向速報10

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月23日に出来高を伴った下落がありました。

 

後場になってから一気に24円で売られました。

 

その後も一気に24円売板が増えました。

 

このまま23円割れして元の株価に戻りそうです。

 

株価動向速報11

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月24日に出来高を伴った下落がありました。

 

23円-24円での攻防戦でした。

 

23円売が目立ちました。

 

23円買板が厚くならない限り23円割れすると思います。

 

仮に22円を割るようだと新しい動きになるため予想がつきません。

 

仕手筋がどこまで下げるつもりなのかを板の動き、約定の仕方、出来高から判断していくしかありません。

 

株価動向速報12

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月26日に出来高を伴った下落がありました。

 

23円大口売より23円割れしました。

 

その後も23円にてもみ合いました。

 

22円の買板が異常に厚くなっています。

 

22円を割るのはなかなか難しいようです。

 

ただ、22円が底値であるかはまだ分かりません。

 

株価動向速報13

 

 

chart.jpg

 

 

2019年12月27日に出来高を伴った上昇がありました。

 

24円25円と大きく買われましたが上がりきりませんでした。

 

年末にしてはよく動いていると思います。

 

IRに反応した動きはあまり期待しない方がいいです。

 

株価動向速報14

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月7日に出来高を伴ったもみ合いがありました。

 

24円で大口買がありました。

 

その後24円で売られはしたものの順調に24円買板が積もりました。

 

勢いのある流れではなかったため、まだまだもみ合いそうです。

 

株価動向速報15

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月8日に出来高を伴ったもみ合いがありました。

 

相場環境が悪かったため24円で大きく売られました。

 

その後24円で買われたりもしましたが、大きな変化はありませんでした。

 

相場環境が落ち着くまで動き出すことはないと思いますが、下がることは十分に考えられるため注視していきたいと思います。

 

株価動向速報16

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月9日に出来高を伴った上昇がありました。

 

寄り付き直後に24円で大口買がありました。

 

その後は24円でもみ合いました。

 

割と長い間もみ合いが続いています。

 

いつ動くかは分かりませんが、その瞬間までひたすら待つのみです。

 

株価動向速報17

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月10日に出来高を伴った上昇がありました。

 

25円で大口買がありました。

 

その後も25円でもみ合いながら買われました。

 

2日連続で買われましたが大きな動きではありません。

 

まだ下がる可能性もあるためとにかく様子見です。

 

上がるにしても下がるにしても大きな動き待ちです。

 

株価動向速報18

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月14日に出来高を伴った上昇がありました。

 

寄り付き直後に25円大口買で25円抜けしました。

 

その後は25円にてもみ合いました。

 

いまいち上がり切りません。

 

初動はまだまだなのかもしれません。

 

初動の瞬間までひらすら待つのみです。

 

株価動向速報19

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月15日に出来高を伴った上昇がありました。

 

突然26円にて引けましたが、特に材料は出ていません。

 

怪しい動きの後には必ず何かが起こります。

 

暴落でなければいいのですが。

 

株価動向速報20

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月16日に出来高を伴った上昇がありました。

 

26円で大きく買われましたが、抜けることはありませんでした。

 

25円でも売られたため不安定な動きが続いています。

 

出来高が多い状態がしばらく続いています。

 

多くの思惑が飛び交っているのでしょうか。

 

どうなるかは分かりませんが、なるようにしかならないためあまり考えないようにしています。

 

株価動向速報21

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月17日に出来高を伴った上昇がありました。

 

連続大口買により26円抜けしました。

 

26円買板も順調に積もり27円買がちらほら出てきました。

 

このまま上昇していきそうな気がしますが、12月18日のこともあるため慎重に取引していきたいと思います。

 

株価動向速報22

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月20日に出来高を伴った上昇がありました。

 

前場引けギリギリでの27円大口買は驚きました。

 

28円買も割りとありました。

 

PTSでも28円付近をつけているため、明日は28円抜けする勢いです。

 

まずは、前回上昇の高値(32円)を抜けけるかどうかだと思います。

 

株価動向速報23

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月21日に出来高を伴った上昇がありました。

 

28円にて相当の出来高をこなしました。

 

ただ、買っても買っても売りが湧いて出てくる状態でした。

 

なかなか30円への道は険しそうです。

 

多くの投資家が見切りをつけて売り始めているのかもしれません。

 

株価動向速報24

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月22日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付き直後は上昇する動きがあったのですが、10:26に27円大口売により27円割れ、10:32にも大口売により26円割れとどちらも一瞬の出来事でした。

 

その後は26円で大きくもみ合いました。

 

順調に上昇していましたが一気に下落しました。

 

このまま下落が続いて元の株価に戻ることもあり得ます。

 

さらに下落する可能性も十分にあります。

 

どうなってもいいように準備だけはしておきたいと思います。

 

株価動向速報25

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月23日に出来高を伴った下落がありました。

 

25円を一瞬で割りました。

 

その後は25円で大きくもみ合いました。

 

下落が一段落したかのように思いますが油断は禁物です。

 

まだまだ下がることを前提に注視していきたいと思います。

 

株価動向速報26

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月27日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付きと同時に25円割れしました。

 

後場に入ってすぐに24円大口売により24円割れしました。

 

その後は24円で大きくもみ合いました。

 

28円からなかなかの下落を見せてくれました。

 

20円割れも想定しながら注視していきたいと思います。

 

株価動向速報27

 

 

chart.jpg

 

 

2020年1月30日に出来高を伴った下落がありました。

 

10:45に大口売により一瞬で24円割れしました。

 

あまりの速さにびっくりしたのを覚えています。

 

その後は24円にてもみ合いました。

 

下落しそうでしない、上昇しそうでしない株価でもみ合っています。

 

この先どうなるのか分かりませんが自分の取引ルールに従うのみです。

 

株価動向速報28

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月6日に出来高を伴った上昇がありました。

 

寄り付き直後に24円大口買にて24円抜け。

 

13:36に25円大口買にて25円抜け。

 

その後も上昇の勢いは止まらず26円でも大きく買われました。

 

ただ、28円からの反発と考えれば少し買われた程度です。

 

よって、まだしばらくもみ合いが続くように思います。

 

PTSはそれほど大きく買われていません。

 

株価動向速報29

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月7日に出来高を伴ったもみ合いがありました。

 

前日の勢いはなくなりました。

 

ただ、本日のほとんどの約定は26円でした。

 

26円抜けこそしなかったものの25円割れよりは確率が高い状況です。

 

決算IRに期待するだけの上昇も十分考えられるため判断が難しいです。

 

最近の傾向として、IRきっかけによる株価の変化は少なくなってきました。

 

以前の傾向や法則が徐々に通用しなくなってきているのをひしひしと感じています。

 

Twitter、ブログ、YouTubeで株についての解説が頻繁にされているのが主な原因だと思います。

 

仕手筋にとって「知られすぎた情報」は価値のない情報です。

 

仕手株専業投資家として仕手筋の変化に対応していけるよう分析あるのみです!

 

株価動向速報30

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月12日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付き直後から売が続き25円割れしました。

 

その後は25円にて大きくもみ合いました。

 

26円で買われることはあまりありませんでした。

 

25円で売る投資家がまだまだいるようです。

 

売られているうちは上昇しません。

 

IRでどう動くか楽しみです。

 

株価動向速報31

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月13日に出来高を伴った上昇がありました。

 

26円にて順調に買が入り26円抜けしました。

 

ここ数日で徐々に買われた感じです。

 

IR期待で買われているだけなのでしょうか。

 

数日後にははっきりすると思います。

 

株価動向速報32

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月14日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

後場寄り付きで27円に大量の買が入り一気に27円抜けしました。

 

その後は28円で徐々に買われ順調な動きでした。

 

しかし、14:35のIRによってパニック売が引き起こされました。

 

27円~24円まで大きく売られました。

 

決算発表予定日の変更が原因です。

 

注目すべき点はなぜ大引け間際に出したのかです。

 

大引け後でもそもそも本日に間に合っていないことは事実のため大して変わらないと思います。

 

これをどう捉えるかです。

 

PTSでは24円を割っています。

 

このまま下落し続けるのか?

 

株価動向速報33

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月17日に出来高を伴った上昇がありました。

 

前日の動きがなかったかのような動きでした。

 

寄り付き後しばらくして25円26円と買われました。

 

26円ではまとまった売が何度か出てきましたが買に吸収されました。

 

大引け間際は27円で買われました。

 

19日のIRはどうなるのか分かりませんが、本日の動きだけで判断すると売らされたように思います。

 

わざわざ取引時間中にIRを出したことにも納得がいきます。

 

ですが、何が起こるのか分からないのが仕手株ですので何が起こってもいいように準備だけはしておきたいと思います。

 

株価動向速報34

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月18日に出来高を伴った上昇がありました。

 

寄り付きからは26円で売られました。

 

25円で大きく売られそうな雰囲気でした。

 

途中26円に80万株ほどの厚い売板が出現しました。

 

久しぶりに見ました。

 

あからさまな見せ板でした。

 

後場に入ってからは27円で買われ大引け間際には28円で大量に買われました。

 

2日連続で大きく買われています。

 

明日のIRを見越しての動きなのでしょうか。

 

株価動向速報35

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月19日に出来高を伴った上昇がありました。

 

9:29、大口売より27円割れ。

 

その後は前日と同じように27円にて売らせようとする板配置が続きました。

 

さらに28円でかなりの出来高で大きくもみ合いました。

 

最終的に29円で引けたためこの時点ではすんなりことが進むと思っていました。

 

ここからが仕手株の歴史に残る見事なやり方でした。

 

早いですが今年一番の出来事になりそうです。

 

本日発表予定のIRが15時に出ない、16時なのか、出ない、18時、出ない…と最終的に出たのは22:20でした。

 

多くの投資家は出ないと思いおそらく手放したはずです。

 

14日同様に見事な振り落としでした。

 

事実、発表前のPTSでの出来高からかなりの株数の振り落としに成功したものと思われます。

 

本日の発表前に取引した投資家は仕手筋以外では多くはないと思います。

 

明日は十分な振り落としを実行できたためそれなりに上昇するはずです。

 

株価動向速報36

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月20日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

寄り付きからしばらくは上昇しました。

 

しかし、その後は30円まで一気に下落しました。

 

本日から参加した投資家は悲惨な目にあっているはずです。

 

かなりの出来高を伴って下落したためこの先すんなり上昇に転じるとは考えにくいです。

 

今回の仕手戦の動きはかなり慎重だと感じます。

 

株価動向速報37

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月21日に出来高を伴った下落がありました。

 

ほぼ寄り天でした。

 

まさか26円まで下落するとは予想外でした。

 

もしかするとまだまだ上昇するには早かったのかもしれません。

 

そのままさらに下落するような感じもあります。

 

出来高がなくなってきたらその可能性は格段に高まります。

 

株価動向速報38

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月25日に出来高を伴った下落(上昇)がありました。

 

寄り付きからしばらくは25円を割りそうな雰囲気でした。

 

その後26円27円と大口買が入り抜けましたがすぐに押し返されました。

 

大引けは26円だったので再度26円を割りそうな雰囲気です。

 

相場環境が悪いせいもあってなかなか上昇できないようにも思いますし、元の株価に戻るようにも思えます。

 

しばらくは様子見です。

 

株価動向速報39

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月26日に出来高を伴った下落がありました。

 

13:09の大口売をきっかけに26円売が殺到し26円を割ってしまいました。

 

大引け間際には25円でも大きく売られました。

 

完全に元の水準まで下落しています。

 

25円割れも目前です。

 

この先どこまで下落するのか見当がつきません。

 

ただ、監視は続けていきたいと思います。

 

株価動向速報40

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月27日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付き早々に25円を割りました。

 

さらに後場寄り付き早々に24円も割りました。

 

23円でも売られました。

 

さすがに下落しすぎだと思います。

 

ただ、相場環境が最悪のため先が全く読めません。

 

そろそろ反転してもいいようにも思うのですが。

 

株価動向速報41

 

 

chart.jpg

 

 

2020年2月28日に出来高を伴った下落がありました。

 

まさか20円を割るとは思いませんでした。

 

21円では大きくもみ合いました。

 

相場環境もありこの先が読めません。

 

低位株の下落が激しいように思います。

 

株価動向速報42

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月2日に出来高を伴った上昇がありました。

 

22円23円24円で買われました。

 

ただ、6日連続で下落した反動とも考えられます。

 

上昇率の割りに出来高が少ないため大きく買われたとは言い難いです。

 

また、29円くらいにあった300万株ほどの厚い売板が本日消えました。

 

フル板で見ることができる売累計が一気に減ったのが気になります。

 

なんとなく感覚的にしっくりきません。

 

様子見もかねて、少し保有株を減らしていこうと思います。

 

株価動向速報43

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月3日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

25円で買われたと思ったら24円で売られました。

 

相場環境もありますが、ここまで下落してしまったからにはそう簡単には元の株価に落ち着くことはないと考えています。

 

少なくても20円付近でもみ合うように思います。

 

ただ、何が起こるのか分からないのが仕手株のためいきなり上昇してくることも考えられます。

 

ですが、それを見越しての取引は控えておこうと思います。

 

株価動向速報44

 

 

chart.jpg

 

 

23円で売られましたがあまり動きはありませんでした。

 

ただ、また以前のように厚い売板によって下落させられそうです。

 

よって、まだ下落すると思われます。

 

相場環境が回復しつつありますが、この銘柄はその流れに乗らないようにも思います。

 

ですが、一度大きな流れを作ったので動き出したら一気に上昇する可能性が高いです。

 

取引のタイミングが悩みどころです。

 

株価動向速報45

 

 

chart.jpg

 

 

23円-24円でもみ合いました。

 

出来高激減です。

 

こうなってくると下落することが多いです。

 

なぜなら、買い手がいなくなるからです。

 

注目度がなくなってきたともいえます。

 

20円割れが近いかもしれません。

 

(追記)

「2019年12月期計算書類及びその付属明細書並びに連結計算書類に対する会社法招集通知の監査意見不表明に関するお知らせ」のIRが出ました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

監査法人が「監査意見不表明」をわざわざ出すのは何を意味しているのか。

 

それは、連結決算書類に対する意見表明ができないほど会計記録が不十分であることを意味しています。

 

つまり、「決算書類が信用できない」ということであり、上場廃止基準に抵触することになります。

 

せっかく上場廃止回避の対策をしたにもかかわらずこれでは意味がありません。

 

2月19日に苦労して出したIRはいったい何だったのでしょうか。

 

今月末には東証から正式に「上場廃止に係る猶予期間からの解除」がされる見込みですが果たしてどうなるのでしょうか。

 

株価動向速報46

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月6日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付きと同時に22円を割りました。

 

予想していたよりは大きく下落しませんでした。

 

もはや織り込み済みなのでしょうか。

 

株価動向速報47

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月10日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

18円で大きく売られましたが買われもしました。

 

日経平均の動きを考えたら18円で大きく売られることは当たり前のように思います。

 

本日最安値に近い18円で取引できた投資家はあまり多くないように思います。

 

この水準が最安値になるのかどうかですが、3月5日のIRが気になるため東証から正式な発表があるまではリスクを負わない選択肢を取るつもりです。

 

行使価額が11円とかなり低いことからも、仮に上場廃止になったとしても割当先はたいしたリスクを負いません。

 

これらのことからいつもはリスクを積極的に取るのですが、相場環境もあるため取引は発表後の4月からの予定です。

 

株価動向速報48

 

 

chart.jpg

 

 

19円-20円でもみ合いました。

 

20円での約定が大半でした。

 

20円抜けこそしたものの弱い動きでした。

 

17円~19円の厚い買板に一気に大口売をぶつけてくるのでしょうか。

 

日経平均の動きにも大きく左右されるように思います。

 

株価動向速報49

 

 

chart.jpg

 

 

18円-19円でもみ合いました。

 

出来高はそこそこありますが約定数が減少してきました。

 

注目度が下がってきたのでしょうか。

 

そうなると買い手がつかないためズルズル下落する傾向があります。

 

日足チャートを見てもまだ下落するように思います。

 

前日と同様に厚い買板が気になります。

 

株価動向速報50

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月13日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

17円で大きく売られ17円割れしました。

 

最安値更新です。

 

その後、日経平均の上昇に連れ高するように17円18円と一気に買われました。

 

17円の買板が不自然に厚いため買わされたようにも思います。

 

株価動向速報51

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月16日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

18円で大きくもみ合いました。

 

17円でも売られましたが買板が厚く割ることはありませんでした。

 

超低位株は通常あまり相場の影響を受けないのですが今回はかなり受けています。

 

「6628 オンキョー」同様に1桁まで下落してもおかしくない状況です。

 

その前に上場廃止回避できるのか、もしくは回避された後また上場廃止基準に引っかからないかの方が気がかりです。

 

株価動向速報52

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月25日に出来高を伴った上昇がありました。

 

18円で買われました。

 

相場環境によって買われたとも言えます。

 

最安値付近でもみ合っていますがこの先どう動くか楽しみです。

 

この相場環境でいつ仕掛けてくるか!

 

株価動向速報53

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月26日に出来高を伴った下落がありました。

 

途中までは18円-19円でもみ合っていました。

 

しかし、13:56に突然の大口売によって18円割れ。

 

思いがけない動きでした。

 

後味の悪い引け方をしました。

 

明日どんな動きをするのか注目です!

 

株価動向速報54

 

 

chart.jpg

 

 

2020年3月27日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付き直後まさかの出来事でした。

 

17円にて100万株を超える大口売により17円割れしました。

 

ここ最近はこれほどの大口売約定はなかったので驚きでした。

 

何かとんでもない悪材料でも出たのかと思いました。

 

現時点においても特に何も出ていないため上場廃止の決定ではなさそうです。

 

株価動向速報55

 

 

chart.jpg

 

 

16円-17円でもみ合いました。

 

約定数がかなり少なくまだまだ下落するようには思えない状態ではあります。

 

ただ、厚い買板が存在している以上買い集めるつもりがあると判断しています。

 

よって、今のところ下落する可能性があると判断しています。

 

株価動向速報56

 

 

chart.jpg

 

 

東証から正式に「債務超過解消による猶予期間の解除」のIRがありました。

 

それに伴ってPTSでは25.5円まで上昇しました。

 

しかし、同時に「財務報告に係る内部統制の開示すべき重要な不備」「有価証券報告書に含まれる監査証明に関する無限定適正意見の受領」のIRもありました。

 

前回の上昇(2月20日)の時とは上昇の勢いが全然違います。

 

不安要素の方が強いのかもしれません。

 

一時的な上昇はあるもののストップ高のような上昇にはならないように思います。

 

株価動向速報57

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月1日に出来高を伴った上昇がありました。

 

ですが、ほぼ寄り天でした。

 

上昇の雰囲気があったのは寄り付きからわずか5分程度でした。

 

なんとか19円で引けたものの上昇していく材料はないように思います。

 

相場環境もいいとは言えないため上昇にはしばらく時間がかかると思っていますが、仕手株ゆえの急上昇もなくはないと考えています。

 

なぜなら、この銘柄は超低位株かつそれなりに出来高をこなしているからです。

 

注目している銘柄であることは確かです。

 

株価動向速報58

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月2日に出来高を伴った下落がありました。

 

18円で大きく売られました。

 

ほぼ元の株価に戻ってしまいました。

 

そもそも織り込み済みだったのかもしれません。

 

大きく上昇するためにはこの程度のインパクトでは難しいようです。

 

最安値更新がまた視野に入ってきました。

 

なかなか上昇に転じない銘柄です。

 

株価動向速報59

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月8日に出来高を伴った上昇がありました。

 

日経平均に連れ高したように思います。

 

10:37に大口買により18円抜け。

 

後場寄り付き直後に19円抜け。

 

20円でも多く買われました。

 

本日の上昇をきっかけに上昇していくかは分かりません。

 

ただ、十分に下落したことは確かなため上昇していくかもしれません。

 

判断が難しいところですが、個人的には取引優先順位は低いです。

 

なぜなら、他にも上昇し始めた銘柄が多くあるからです。

 

投資判断が難しい銘柄に多くの資金を使う必要はないです。

 

株価動向速報60

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月9日に出来高を伴った上昇(下落)がありました。

 

前場は割りと20円で買われました。

 

しかし、後場は19円大口売をきっかけに19円で大きくもみ合いました。

 

上昇しきらなかった感覚です。

 

ただ、19円買も多かったためこのままあっという間に下落していく感覚もありません。

 

ですが、超低位株は大口約定によって状況が一気に変わるため油断できません。

 

逆の考え方をすれば大口約定についていけば間違いはありません。

 

株価動向速報61

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月14日に出来高を伴った上昇がありました。

 

20円で買われました。

 

上昇はしたものの何となくしっくりこない感じがあります。

 

出来高が少ないことです。

 

20円抜けが何となくな感じでされたように思います。

 

もっと上昇するときは派手のように思います。

 

そうは言うもののいつでも真実は現在の株価です。

 

上昇した以上は何かあるのだと思います。

 

株価動向速報62

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月15日に出来高を伴った上昇がありました。

 

21円で買われましたがそれ以上は続きませんでした。

 

順調に上昇しています。

 

来月の決算はあてにはしていませんがもしかしたらもあるので思惑買も含めて上昇しているのかもしれません。

 

上場廃止を免れたため注目はされているはずです。

 

株価動向速報63

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月20日に出来高を伴った下落がありました。

 

21円で売られました。

 

4月1日の高値はしばらく超えられないように思います。

 

なぜなら、コロナショックで業績は期待できない(元々かもしれません)からです。

 

株価動向速報64

 

 

chart.jpg

 

 

2020年4月21日に出来高を伴った下落がありました。

 

寄り付きから20円割れでした。

 

前日のIRが影響したかもしれません。

 

一気に先行き不安になってしまいました。

 

個人的には最安値更新してほしいと思います。

 

なぜなら、大きく上昇するためには必要だからです。

 

そういう意味で来月の決算IRには期待しています。

 

取引を終えて

 

2020年4月22日に追加で新株予約権が発行されました。

 

割当先も同じです。

 

よって、引き継いだと判断いたします。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング






メールアドレス登録(無料)

                        メールアドレス登録にて新着記事公開のお知らせをメールで受信できます。
                        なお新着記事は毎週、株価動向速報は毎日更新です。
                        有料メルマガの登録ではありません。
                        

1,291人の購読者に加わりましょう

投資家別カテゴリーのご案内

 

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

有料情報を知りたい投資家はコチラ

株投資に興味がある投資家はコチラ

経済学に興味のある投資家はコチラ

心理的に不安になる投資家はコチラ

 

ページの先頭へ