銘柄コード・企業・ファンドから検索

仕手株 カルナバイオサイエンス 4572 最新版

仕手株であると断定した理由

 

  1. 第三者割当新株予約権の発行
  2. 割当先Cantor Fitzgerald & Co.の存在
  3. 希薄率最大24.7%の発行条件
  4. 大量保有報告書の軌跡
  5. 株価3桁の低位株

 

この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。

 

なお、分析期間は2022.11.22~

→2022年11月28日追記

 

 



 

 

はじめに

 

 

「カルナバイオサイエンス」はこのIRによって何を求めているのでしょうか。

 

それは「成長投資資金の確保」です。

 

株価は順調に資金調達が進めば上昇するはずです。

 

割当先である「Cantor Fitzgerald & Co.」は過去多くの銘柄を上昇させた実績がありません。

 

しかし、上昇する可能性があるため投資対象にしました。

 

ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。

 

ですが、これこそが仕手株の醍醐味だと思います。

 

 

発行

 

 

2022年11月22日に第三者割当による新株予約権の発行に関するIRがありました。

 

以下は発行の詳細です。

 

新株予約権の概要(第20回)

  • 発行株式数  :3,386,500株
  • 当初行使価額 :822円
  • 下限行使価額 :457円

 

 

行使中

 

 

大量行使に関するお知らせのIRや、大量保有報告書データベースにおいて行使が進んだ場合に追記しています。

 

 

株価動向

 

 

出来高を伴った大きな動きがあった際に追記します。

 

それまでお待ち下さい。

 

 

2022年11月25日

 

 

 

 

上昇したものの大きく下落していることは確かです。

 

まずはどこまで下落していくかだと思います。

 

待つことも投資のうちです。

 

 

2022年11月28日

 

 

 

 

下落が続いています。

 

取引は下落が収まってからでも十分です。

 

今は安易に手を出さないことが重要です。

 

 

 

*銘柄によっては企画(有料)にて取引のタイミング、大きく動いた根拠、仕手筋(投資ファンド)の企み、変わりつつある傾向、これからの仕手株についてを毎日詳しく公開しています。

 

 

 

 




最近の投稿



ページの先頭へ