銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株 児玉化学工業 4222

仕手株であると断定した理由

 

  1. 第三者割当新株予約権の発行
  2. 割当先SMBC日興証券の存在
  3. 希薄率最大24.2%の発行条件
  4. 大量保有報告書の軌跡
  5. 株価3桁の低位株

 

この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。

 

なお、分析期間は2018.08.21~2019.03.18です。

(2019年3月18日追記)

 

*過去の分析結果はコチラ

 

 



 

 

はじめに

 

「児玉化学工業」はこのIRによって何を求めているのでしょうか。

 

それは「成長投資資金の確保」です。

 

株価は順調に資金調達が進めば上昇するはずです。

 

割当先である「SMBC日興証券」は過去多くの銘柄を上昇させた実績があります。

 

また、この銘柄自体も過去に株価が大きく上昇した経緯があります。

 

そのため投資対象にしました。

 

ただ、今後「どこまで下落するのか」「どこまで上昇するのか」もしくは「一切上昇しないのか」は分かりません。

 

ですがこれこそが仕手株の醍醐味だと思います。

 

発行

 

2018年8月21日に第三者割当による新株予約権の発行に関するIRがありました。

 

以下は発行の詳細です。

 

新株予約権の概要(第2回)

  • 発行株式数  :9,000,000株
  • 当初行使価額 :126円
  • 下限行使価額 :63円

 

行使中

 

大量行使に関するお知らせのIRや、大量保有報告書データベースにおいて行使が進んだ場合に追記しています。

 

2018年10月01日現在行使率は7%。

 

2018年10月30日現在行使率は17%。

 

2018年11月01日現在行使率は18%。

 

2018年12月03日現在行使率は23%。

 

2019年02月01日現在行使率は24%。

 

 



 

 

消却

 

第三者割当による新株予約権は2019年3月18日のIRにおいて消却に終わりました。

 

*さらに詳しくはコチラ

 

取引を終えて

 

株価が何らかの理由で下がることで行使が進まず、結果株価が上昇しないことはよくあります。

 

今回はそれに該当しました。

 

割当先もわざわざリスクを取ることはしません。

 

また、このことから割当先が故意に株価を下げたわけではないことが証明されました。

 

よって、仕手筋不在のためこれ以上は何もありません。

 






メールアドレス登録(無料)

                        メールアドレス登録にて新着記事公開のお知らせをメールで受信できます。
                        なお新着記事は毎週、株価動向速報は毎日更新です。
                        有料メルマガの登録ではありません。
                        

1,725人の購読者に加わりましょう

投資家別カテゴリーのご案内

仕手株を長期保有の投資家はコチラ

仕手株に興味がある投資家はコチラ

有料情報を知りたい投資家はコチラ

株投資に興味がある投資家はコチラ

経済学に興味のある投資家はコチラ

心理的に不安になる投資家はコチラ

株式投資ラジオ | stand.fm

チャート・板情報・出来高・第三者割当新株予約権の分析、そしてそれらの確率統計学により仕手株で利益を出し続ける方法を追い求めています。 ブログ、twitter、noteを通じて考え方を公開することで、株式投資で利益を出し続ける喜びを共有できればと思っています。 stand.fmでは繰り返し聞いているだけで利益を出し続ける投資心理(思考回路)が身につくことを目指していきます。 …

仕手株.コム運営者情報

     仕手株専業投資家

チャート分析、板情報の分析、出来高の分析、第三者割当新株予約権の分析、大量保有報告書の分析、そしてそれらの確率統計学により、仕手株で利益を出し続ける方法を追い求めています。

(株価動向は日々変化するため、まだまだ分析は継続中です)

ブログを通じて考え方を公開することで、株式投資で利益を出し続ける喜びを共有できればと思っています。

ブログのほかにTwitter、note(有料記事)、stand.fm(株式投資ラジオ)でも発信しています。

興味のある投資家はのぞいてみてください。

以下は簡単な経歴です。

株式投資は2002年に始めました。

ブログは2016年に始めました。

Twitterは2019年に始めました。

noteは2020年に始めました。

stand.fmは2020年に始めました。

<詳細>

仕手株投資家としての成長記録 ~投資を始めるまで~

仕手株投資家としての成長記録 ~投資を始めてから~

仕手株投資家としての成長記録 ~継続した利益を確信するまで~

ページの先頭へ