常に相場に向き合えない投資家へ

    本業の仕事があって常に相場に向き合えない投資家は多いはず     では、常に相場に向き合える投資家と比べて不利なのだろうか     確かに不利だ     板の動き、約定の仕方、株価の動き方など相場観を感じることができない点は不利だと感じる     ただ、圧倒的に不利ではない     相場観を感じる必要がない取引をすればいいだけ     相場が引けた後でも十分成... 続きを読む


タグ:  

カテゴリ:投資の本質  [コメント:0]

仕手株の利益は分析でこれから上昇する銘柄の痕跡を探せるかどうか

投資ではとにかく取引した銘柄が上昇さえすれば利益になります。   言っていることはとても単純ですが、深く考えてみると「上昇する銘柄は何かしらの痕跡を残すはずだ」という一つの結論にたどり着きます。   そして、その痕跡を分析していくといくつかの理由が見えてきます。   最終的にその理由が確信になること(経験)によって利益が続いていきます。   それでは、「仕手株の利益は分析でこれから上昇する銘柄の痕跡を探せるかどうか」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います... 続きを読む


日経平均とはどう向き合えばいいのか

日々ニュース番組等で必ず入れてくるアナウンスがあります。   それは日経平均と為替の値です。   ただ、時間的にはほんのわずかの場合も少なくありません。   にもかかわらず必ず入れてくるということは、それだけ価値のある情報なのでしょうか?   それでは、「日経平均との向き合い方」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(... 続きを読む







ページの先頭へ