銘柄コード、社名、ファンドから検索

仕手株と業績

    一般的に仕手株はあまり業績に影響しないことが多いです。     とはいえ、最近の傾向は黒字でなければ大きな上昇は見込めなくなりつつあります。     それだけ仕手株といえども投資家の目が厳しくなってきたと言えます。     つまり、リスクを取らなくなってきました。     相変わらず業績に関係のない動きをする銘柄が存在しますが、何となく上昇が長続きしていないように思います。    ... 続きを読む


じっくりかつ慎重に待つ

    株価の動きは「上昇」「下落」「もみ合い」の3つしかありません。     そして大半の動きはもみ合いです。     つまり、「待つ時間が大半」となります。     デイトレーダーでない限り投資は地味です。     目まぐるしい変化に瞬時に対応するような世界ではありません。     じっくりかつ慎重に待てる余裕が必要です。     上昇していく銘柄を見て「取引して... 続きを読む


何となくの心理

    株価が上昇する理由を正確に捉えることはなかなか難しいです。     特に仕手株はそう思います。     多くの時間をかけ徹底的に分析したとしても、「何となく上昇しそう」と思うことがよくあります。     正確なデータをもとに予測するだけではすべての動きを説明できません。     株の動きは所詮そんなものです。     ガチガチの頭ではおそらく不測の事態に対応できず損失を被るでしょ... 続きを読む


暴落

    暴落を楽しめる心理状態になるためにはなかなか時間がかかります。     特に保有株が暴落した場合は保有し続けることが難しいです。     よく言われる「暴落=チャンス」ですが、何も保有株がない状態でも取引することは難しいです。     どうしても心理的には不安定になります。     安心感は少しもないです。     理屈で理解していても実際に行動できる投資家は少ないです。 &nb... 続きを読む


最近の仕手株について

    以前であれば情報に敏感に反応していました。     先回りして早めに動くことも多かったです。     例えば決算発表が近くなれば上方修正などを期待した買が入りました。     ですが、最近は情報社会のせいか、知られすぎているせいか、それとも既に株価の反応の仕方が変わってきたのか反応が鈍くなってきました。     まだまだハッキリとは断定できませんが、株価が反応してから後付けのように言われることが増え... 続きを読む


仕手株 アンジェス 4563

仕手株であると断定した理由   第三者割当新株予約権の発行 割当先Cantor Fitzgerald & Co.の存在 希薄率最大15.0%の発行条件 大量保有報告書の軌跡 株価3桁の低位株   この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。   *さらに詳しくはコチラ   ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。   なお、分析期間は2021.03.08~です。 (2021年5月18日追記)   *過去の分析結果... 続きを読む


仕手株 LAホールディングス 2986

仕手株であると断定した理由   第三者割当新株予約権の発行 割当先マッコーリー・バンク・リミテッドの存在 希薄率最大13.1%の発行条件 大量保有報告書の軌跡 株価4桁の中位株   この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。   *さらに詳しくはコチラ   ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。   なお、分析期間は2021.03.05~です。   →株価動向の進展があれば追記いたします。 (2021年3月5日追記)... 続きを読む


仕手株 エス・サイエンス 5721

仕手株であると断定した理由   第三者割当新株予約権の発行 割当先EVO FUNDの存在 希薄率最大24.8%の発行条件 大量保有報告書の軌跡 株価2桁の超低位株   この5つの要素によって仕手株であると断定いたしました。   *さらに詳しくはコチラ   ここに、株価動向の分析結果をお伝えしたいと思います。   なお、分析期間は2021.03.05~です。   →株価動向の進展があれば追記いたします。 (2021年10月1日追記)  ... 続きを読む


買取引

    買取引の際、絶対に理解しておかなければならないことがあります。     それは「買いやすいときは取引しない」です。     投資の鉄則に近いです。     「買わされる」と言い換えてもいいと思います。     多くの投資家(多くの資金ではない)が思っていることに乗っかるとたいてい損失につながります。     ではどうするか。     1つの答えとして多くの資金... 続きを読む


投資家は偏屈

    日経平均株価の大暴落についてアレコレ言われています。       「バブル崩壊」が特に目立ちます。       誰がそうなって嬉しいのでしょうか。       誰がそうなることを望んでいるのでしょうか。       誰が得をするのでしょうか。       なんとかショックのときは毎回そうです。     &nbs... 続きを読む


有料書籍一覧
運営者情報及び利用規約

ページの先頭へ