買取引

    買取引の際、絶対に理解しておかなければならないことがあります。     それは「買いやすいときは取引しない」です。     投資の鉄則に近いです。     「買わされる」と言い換えてもいいと思います。     多くの投資家(多くの資金ではない)が思っていることに乗っかるとたいてい損失につながります。     ではどうするか。     1つの答えとして多くの資金... 続きを読む


投資家は偏屈

    日経平均株価の大暴落についてアレコレ言われています。       「バブル崩壊」が特に目立ちます。       誰がそうなって嬉しいのでしょうか。       誰がそうなることを望んでいるのでしょうか。       誰が得をするのでしょうか。       なんとかショックのときは毎回そうです。     &nbs... 続きを読む


欲のコントロール

    株価が上昇しているのを見るとどうしても取引したくなります。     このときに考えることは「上昇しているからもっと上昇していくはず(安心感)」だと思います。     では、果たしてそうなる確率を実際に分析したでしょうか。     私の長年の分析結果を公表すると確かに上昇する確率は高いです。     株価は一度大きく上昇するとそのまま上昇していく傾向があるからです。     ただ、... 続きを読む


投資はお金の奪い合い

    投資は所詮相場に流れるお金の奪い合いです。     誰かが利益になれば誰かが損失します。     ここに社会貢献などありません。     とはいえ、お金を得るための手段としてかなり効率が良いのは確かです。     考えすぎるとすべてのことが嫌になってしまうので「まぁそんなもんだ」みたいな考え方が必要かもしれません。     何事もブレることのない絶対的な目的があればたとえどんなこ... 続きを読む


投資家は大変かも

    投資家は楽観的だったりポジティブすぎたりストレスに強くなければやっていけない気がする。     なぜなら、常に収支が相場の変動に影響を受けるから。     損失を抱えることも多い。     いちいち反応していては身が持たない。     ただ、相場の変動に無関心とか放棄とは違う。     上手く表現するのが難しい。     他の仕事と同じで最終的には経験が支えに... 続きを読む


上限のない利益

    「投資の1番の魅力は何ですか」と聞かれたら間違いなく「上限のない利益」と答えます。     そもそも投資を始めた1番の理由です。     ただ、落とし穴があるのも事実です。     それは「利益」だけでなく「損失」にも同じことが言えることです。     物事には必ず両極端な要素があります。     証券会社の甘い誘惑だけに惑わされて投資を始めるのはお勧めできません。  ... 続きを読む


タグ:  

カテゴリ:投資の本質  [コメント:0]

自己判断

    日経平均株価が30,000円の大台に乗ってから多くのことが言われました。     急激に相場が変動すると必ず騒がれます。     投資家として考えると今後の株価動向は1番気になることです。     ですが、情報に左右されているようでは収支が安定しません。     まったく気にしないくらいの感覚が必要です。     気にするのは常に「自分がどう判断するか」です。   &n... 続きを読む


決算発表一段落

    概ね決算発表が終わりました。     コロナウイルスによって利益の出ている企業が大きく変わりました。     短期間で淘汰と進化が進みました。     二度と来ないようなある種、大革命でした。     企業としての在り方も変わるはずです。     個人としての考え方も同じように変わるはずです。     時代の変化に取り残されないようにしたいです。  ... 続きを読む


    投資家にとっては「欲」は必要なのか。     そもそも数ある副業の中から投資を選んだ時点で欲望の塊かもしれない。     なぜなら、楽してお金を手に入れたかったりギャンブルのように考えているからだ。     ただ、何でもそうだが実際に経験してみて始めて難しさが分かる。     そして、さらに経験すると欲のコントロールができなければ間違いなく破滅に向かうことも分かる。     とは... 続きを読む


スキル

    始まりました。     今週はどんな動きを見せてくれるのでしょうか。     決算発表が一番多い週です。     多くの銘柄が大きく動くはずです。     今のところ概ね順調に推移しているようです。     日経平均株価の上昇がそれを示しています。     いったいどこまで上昇していくのでしょうか。     歴史的な上昇に戸惑いながらもワク... 続きを読む







ページの先頭へ