株初心者が知っておくべき8つのこと

  • 人気ブログランキング

始めに

 

まずは投資を知ることが必要だと思います。

 

何を勉強すればいいのか?

 

株の種類は何があるのか?

 

株の取引判断は何があるのか?

 

投資を始めるのはいつがいいのか?

 

投資はそもそも稼げるものなのか?

 

投資の利益は月どれくらい見込めるのか?

 

・・・などたくさん出てくると思います。

 

では、そもそも投資を始めてみようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

 

今の収入が少ない、もしくは将来の不安からくるものだと思います。

 

単刀直入に言えば、お金の確保だと思います。

 

だとしたら、お金を稼げなくては意味がない。

 

でもどうすればいいのか?

 

 知識をつければいいのか?

 

何度か取引をして経験をつければいいのか?

 

分からないことだらけです。

 

ただ、たくさん勉強してたくさん経験をしても、利益が出るわけではない現状があります。

 

とはいえ、行動しなければ何も始まりません。

 

おそらく皆さんは、投資を始める前に投資の知識をつけ自分なりの取引の仕方を作っていると思います。

 

まずは、それを実際に相場で試してみてください。

 

その後、利益を出し続けるには、様々な困難を乗り越えなければ成し遂げられません。

 

投資のお勧め

 

皆さんは将来の何に対して不安を持っていますか?

 

私は、「お金」に対して不安を持っています。

 

投資を始めたのも

 

このまま会社員をしていても大丈夫なのだろうか」

 

突然会社がつぶれたりリストラされたらどうしよう」

 

という思いを解決しようと思ったからです。

 

(会社を信用していなかった、ただのビビリだったのかもしれません)

 

では、どんなふうに考え行動していったかを書いていきたいと思います。

 

まず、収入源を増やさなければと思いました。

 

いわゆる副業です。

 

万が一会社からの給料が途絶えた場合、他にも収入源があることで何とかなるのではと思いました。

 

そして、何があるのだろうと考えた結果、投資(株、FX)に興味を持ちました。

 

投資は仕事の空き時間に自分だけの力でできることも魅力的でした。

 

もともと集団で行動するのが苦手だったことと、仕事が営業だったため、割と時間があったのも始めるきっかけになりました。

 

次に、行動したことは一冊投資の基礎的な本を熟読し、即投資を開始しました。

 

頭の中で想像していることと、実際にやってみたこととでは大きく異なります。

 

実際にやってみてから試行錯誤するのが、最も早く成果が出る方法だと思います。

 

最初のうちは誰だって不安です。

 

特によく分からない投資の世界ならなおさらです。

 

しかしながら、始めなければ利益を得ることはできません。

 

よく私が、人に何かを勧めるときに「宝くじは買わなければ当らない」という言葉をよく使います。

 

投資においても同じです。

 

何を勉強すればいのか

 

何かを始めるときは必ず知識が必要です。

 

投資は自分の大切なお金を使うわけですからなおさらです。

 

では、何を勉強すればいいのでしょうか。


まずは、何に投資するのかを決めるといいと思います。

 

株なのかFXなのかそれとも・・・

 

(私は株とFXの経験しかないので他はよく分からないです)どちらがいいかは難しいですが、大きな特徴として

 

  • 株は「投資対象が多く取引時間が短い」
  • FXは「投資対象が原則限られていて取引時間はほぼ一日中」

 

があります。

 

人それぞれ価値観があるので何を重要と考えるかによりますが、取引を始めると最初に気づくことが「保有している銘柄の動向が気になる」ことです。

 

この「気になる」がけっこう心理的に不安定になったり、他の事に集中できなくなってしまったりします。

 

(私は仕事中にもかかわらずよくトイレで株価情報を見ていました)

 

これをどう捉えるかなんです。

 

サラリーマンの方を例にすると

 

「株なら取引時間が限られているので気にならない」

 

となるのか

 

FXなら帰宅後にマーケットが開いている時間に取引できる」

 

となるかの違いです。

 

ただ、いずれにおいても取引時間すべてを監視し続けることはできません。

 

気になるのはもはや仕方のないことなのかもしれません。

 

株の種類は何があるのか

 

種類は大きく3種類に分けられると思います。

 

まず一つ目は、優良株です

 

特徴としては、発行株式数(株主)が多く株価も高いため、値動きが安定しています。

 

そのため、大きな利益を出すことが難しい分、大きな損失を出すことも少ないです。

 

慎重にコツコツと利益を出したい方に好まれます。

 

2つ目は材料株です。

 

特徴としては、今現在(もしくはこれから)流行っている銘柄で、注目度が高いため値動きが荒く、うまくいけば短期間でかなりの利益を出すことができます。

 

だた、注目されなくなるとものすごい勢いで下がるため注意が必要です。

 

短期間で利益を出したい方に好まれます。

 

3つ目は仕手株(低位株)です。

 

特徴としては、株価が低く倒産リスクのある銘柄が多いです。

 

株価が低いため上昇すればかなりの利益が出ますが反面、下落すればかなりの損失が出てしまいます。

 

ハイリクス・ハイリターンなため初心者の方は注意が必要です。

私は、この仕手株のおかげでどうにか利益を出し続けていくことができています。

 

(仕手株様という感じです)

 

株の取引判断は何があるのか

 

この題材はかなり重要です。

 

私の取引方法においての判断材料になってしまいますが、この部分に強い自信を持ちかつ、自分を信頼することで一貫性のある取引ができ、結果的に利益を出し続けることができます。

 

つまり、自分の取引方法の確立です。

 

では、私の判断材料は何かというと板情報と出来高す。

 

それ以外はほとんど気にしておりません。

 

判断材料は少ないほどブレがなくなると思います。

 

(最初はいろんなことが気になってブレブレでした)

 

ヤフー掲示板やチャート、それにIR(企業による投資家に対する広報活動)などを気にしていたときがありました。

 

しかしながら、私にとっては一貫性が乱れてしまう要因だったため、参考程度に知るくらいにしてから利益を出し続けることができるようになりました。

 

投資をやる上でとても大事なことは、心理的障害をいかになくすかであり、これを追求し続けていくことが、投資の世界で生き残っていけることだと思っています。

 

投資を始めるのはいつがいいのか

 

投資を始めようとは考えているものの、いつから始めるのがいいのか悩んでいたりしていませんか?

 

いつがベストということは正直ありません。

 

今現在で考えると、確かに株は下落しています。

 

では、株に手を出してしまったら損をしてしまうのでしょうか?

 

答えは「損をしてしまいます」ではありません。

 

下落時には優良株の取引は控えた方がいいですが、仕手株と呼ばれる株はこんなときによく上昇してきます。

 

また、FXについても相当荒い値動きをして損しそうですが、見方を変えればよく動いているので値幅が取りやすく、いつも以上の利益を上げることもできます。

 

何に投資するにしてもそのトレンドによって、やり方があります。

 

つまり、「いつ始めるのがいいのか?」については「いつでもいい」が答えになります。

 

もっというと、「いつ」よりも「できるだけ早く始めて経験を積むこと」のほうがはるかに重要です。

 

どんなに知識があっても、どんなに準備していても、それが通用するのかを試さなければ何も始まりません。

 

どんなことでも初めてのことは、進めていくうちに必ず壁にぶち当たります。

 

その壁を越えて初めて利益につながります。

 

利益を出したいのなら一刻も早く始めることです。

 

悩んでいる時間がもったいないです。

 

投資はそもそも稼げるものなのか

 

当たり前のことですが、投資をやる意味はお金を得ることです。

 

では、投資はそもそも稼げるものなのかでしょうか?

 

まずは、投資について考えていきたいと思います。

 

投資は会社からもらう給料と違って、損失の概念があります。

 

単純に考えて、保有した銘柄が上がるか下がるかなので、確率としては50%です。

 

これだけ考えると、何となく難しいような気がします。

 

では、少し違う視点から考えてみたいと思います。

 

例えば、利益が出る仕組みを見つけたとします。

 

(なかなか見つからないですが)

 

これを見つけてしまえば、あとは寝ていてもお金が入ってきます。(不労収入)

 

つまり「投資は稼げる」という考え方ではなく「稼ぐ仕組みを考える」ということだと思うのです。

 

この価値が投資をする最大の理由だと思います。

 

もっと言えば、この考え方は将来のお金に対する不安を解消する方法の1つになりえます。

 

将来的には、お金の稼ぎ方が多様化していくはずです。

 

そのときに、取り残されないようにしたいものです。

 

投資の利益は月どれくらい見込めるのか

 

将来のお金に対する不安から投資を始めてみようかと思うものの、実際に取引をした場合、月どれぐらいの利益(収入)が見込めるかは非常に大事な部分だと思います。

 

投資の特徴の1つとして取引をした結果、利益が出るのか損失が出るのかは決まっていないので、具体的な数字を示すのは難しいですが、一般的には1ヶ月で投資資金の3%位が目標とされています。

 

仮に月10万円の利益を必要とするならば、投資資金は約333万円ということになります。

 

だた当たり前のことなのですが、最初からしかもコンスタントに月10万円の利益を上げ続けることは相当難しいことです。

 

しかしながら「可能性がある」ことが投資の魅力でもあります。

 

要は、自分の取引の仕方次第でどうにでもなるということです。

 

他の副業でいきなり10万円を稼ぐことはなかなか難しいけれど、投資なら可能となれば、挑戦する価値は充分にあると思います。

 

ここまでいいことばかりを書いてきましたが、残念ながら損失を出す可能性の方がはるかに高いのもまた事実です。

 

最初のうちは「授業料という名の損失」が続くと思います。

 

これをできるだけ少なくする方法として少額での取引をお勧めします。

 

利益が出るようになってから少しずつ投資資金を増やしていくといいと思います。

 

私は身をもって経験済みですが、欲が出すぎるといいことは何もありません。

 

痛い目をみることで学習することも大事かもしれませんが、できることならない方がいいに決まっています。

  • 人気ブログランキング

カテゴリ:株初心者 

人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ