株価の動向を確率統計学で考える

  • 人気ブログランキング

株価の動向が完全に予想できれば誰もが億万長者です。

 

そんな想いを持ちながら投資をしている人も少なくないと思います。

 

では、株価とは一体どうやって決まるのでしょうか?

数多くの指標なのでしょうか?

人の心理なのでしょうか?

 

それでは、「株価の動向を確率統計学で考える」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

株価はどうやって決まるのか?

 

おそらく、人の心理で毎秒作られていくと考えています。

 

さらにいえば、必ず何かの癖もしくは法則が存在しているはずです。

 

そして、心理だけでなく株価の決定には多くの数値が関係しています。

 

なぜなら、人はその数値を意識しながら取引しているからです。

 

少なくとも単純な心理だけではないはずです。

 

よって、株価の動向を確率統計学で考えることは可能だと考えています。

 

もちろん、数値だけでは表すことのできない心理が株価に影響することは考慮しています。

 

株価と確率

 

単純に考えると、株価は上がるか下がるかしかないのでどちらも確率は50%になります。

 

つまり、1回の取引では利益を出す確率も損失を出す確率も同じになります。

 

しかしながら、利益を出す投資家はそうでない投資家よりも少ないのはどうしてなのでしょうか?

 

これは、明らかに損失の額が利益の額よりも多いのが原因だと思います。

 

なぜなら、先ほどの確率の観点から考えてみると上がった取引と下がった取引は同じだからです。

 

株価と指標

 

皆さんは取引の際どのような指標を使っていますか?

 

以前に比べると、今現在はたくさんの指標が存在します。

 

最近では、ブログで紹介されている推奨銘柄も一つの指標だと思います。

 

では、一体どの指標が信頼できるのでしょうか?

 

私は確率統計学に基づいた指標だと考えています。

 

流れを簡単に書きます。

 

ある指標「下がったときに出来高が多いとその後上がる傾向が高い」について

 

→多くの銘柄の過去のチャートから膨大なデータをとる

 

→統計学で考えて成り立つ

 

→さらに確率論で考えても成り立つ

 

→信頼できる指標

 

この信頼できる指標を取引の際に使うことで、利益が出る確率が増し、結果利益が出る仕組みです。

  • 人気ブログランキング
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ