不労収入は労働収入と何が違うのか

  • 人気ブログランキング

皆さんは「不労収入」ってどんなイメージをもっていますか?

 

私は「寝ている間もお金が入ってくる仕組み」と捉えています。

 

投資、不動産・土地の所有、アフィリエイトなどがそれにあたります

 

一方、一般的な収入形態として労働収入がありますが、不労収入とどう違うのでしょうか?

 

それでは、「不労収入は労働収入と何が違うのか」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

大きな違いは2つ

 

1つ目は、収入が不安定ということです。

 

毎月決まったお金が確実に入ってくる保障はありません。

 

このことは心理的にかなり不安定になります。

 

つまり先が読めないのです。

 

毎月安定した収入があるかどうか分からない以上期待はまったくできません。

 

2つ目は、損失の概念があるということです。

 

一般的な労働である以上、お金が減るということはありません。

 

しかし、特に投資では実に9割が損失を抱えてしまうというのをよく聞きます。

 

ただ、見方を変えると入ってくるお金の上限は決まっていないということになります。

 

私はココに投資をやる価値があると思っています。

 

収入が自分の考えや行動によっていくらでも変えることができるのです。

 

私は損失を抱え不安でいっぱいだった経験もあります。

 

なかなか収入がなく「このまま投資をしていて意味があるのだろうか」と思ったこともたくさんあります。

 

でも、そんなときに支えだったのが「収入は自分が決めている」という紛れもない事実を受け止め、「やってやるぞこんなところで終わってたまるか」という精神で、なんとか危機を乗り切りました。

 

そのときに思ったのが「社員一人の会社の社長」だということです。

 

(勝手に自分の中で投資会社を設立していました)

 

会社員のときは手が届かなかった社長という地位に今自分がなっていると思うと、「何が何でも成功してやるぞ」と毎日希望に満ちあふれていました。

 

先ほども書きました「不安でいっぱいな状態」になると、もはやポジティブになるしか乗り越える方法はなく、自然とそんな自分に変わっていきました。

 

投資を経験したおかげで、ポジティブ思考になり人生を前より楽しく過ごせている気がします。

 

日本では投資家という職業が浸透していないため居心地が悪いですが、皆さんも投資の世界に一歩踏み入れてみませんか。

  • 人気ブログランキング
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ