仕手株投資のみで生き残るために初動取引に徹底的にこだわる

  • 人気ブログランキング

日本株式に投資している投資家は一体どんな銘柄を取引対象にしているのだろうか?

 

仕手株のみにこだわっている投資家は多いのだろうか?

 

検索結果で判断する限りですが、急上昇した銘柄は「仕手株」として取り上げられていることが多いです。

 

ハイリターンが魅力的に思えるのかもしれませんが、実際は相当な努力、つまり多くの経験と地道な分析がなければハイリスクであることは確かです。

 

それでは、「仕手株投資のみで生き残るために初動取引に徹底的にこだわる」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

なぜ初動取引に徹底的にこだわるのかというと、そもそも取引しなければ損失はあり得ないからです。

 

その取引こそが初動であり、初動の判断を間違えることで損失が出ます。

 

つまり、正確な初動を判断できることが損失を最小限にします。さらには株式投資の世界で生き残ることにもつながります。

 

仕手株投資にこだわるのであれば「初動取引がすべて」といっても過言ではありません。

 

初動の判断は相当難しい

 

実際に仕手株銘柄を監視していると必ず「初動?」と思える瞬間が多々あります。

 

いわゆる「騙し上げ」だったり「ただの買上がり(株集め)」と呼ばれるものです。

 

初動ほど出来高を伴って上昇するわけではないので、後になって初動ではないと判断することはできます。

 

ですがそれではただの「結果論」です。

 

そんなことは上昇しきった銘柄の日足チャートをみていつ初動だったかを当てるのと同じです。

 

まったく無意味です。

 

やっかいなのは「動き自体が初動と同じ」ことです。

 

「同じ」というと誤解を与えるかもしれないので正確にいうと初動は出来高を伴って上昇する動きが「続き」ます。

 

一方、騙し上げやただの買上がりは出来高を伴って上昇する動きが「一時的」です。

 

つまり、株価が出来高を伴って上昇した瞬間は動きがまったく同じということです。

 

これでは間違った取引をしてしまうことは当たり前のように思えます。

 

事実、仕手筋は初動での取引を嫌います。

 

なぜなら、上昇しきった段階で取引をして欲しいからです。

 

このことからも仕手筋が個人投資家に初動での取引をさせないために騙し上げなどの行為をすることは当然です。

 

さらにやっかいなのはこの騙し上げは一日単位ではないことがあります。

 

銘柄によっては月単位(極まれに年単位)と長い場合もあります。

 

仮にこの騙し上げにひっかかり取引をしてしまった場合、一度は上昇するため気持ちが高ぶりますが、買値よりも下がることが多いです。

 

上昇した(利益が出ている状態になった)にもかかわらずまさかの下落で確実に損切りが遅れます。

 

損切りできればいいですが、騙し上げの事実に気づくことができずズルズル下がって(損失が拡大)いく状態を経験したことがあると思います。

 

こんな悲惨な状態になれば仕手筋の思う壺で、結果的に大きな損失を出すだけです。

 

これが初動の判断の難しさです。

 

初動を起こす条件

 

仕手筋が初動を起こすにあたって必要な条件があります。

 

まず玉集めが完了していなければなりません。

 

これはいうまでもないと思います。

 

あとは日経平均が示す相場環境です。

 

日経平均が上がりすぎでもなく下がりすぎでもない状態が理想的です。

 

つまり、優良株以外にも目がいく状態が好ましいです。

 

ただ、最近はあまり関係ないようにも感じます。

 

また、好材料のIRによる上昇がきっかけになることも以前よりは少なくなったように感じます。

 

ネットによる情報操作で注目度の調節が可能だからかもしれませんが、単純に株価の動きが読まれるようになったからだと解釈しています。

 

初動の前兆を知ることはできないのか

 

仕手筋の動きは日々変化しています。

 

なぜなら、同じ動きをしていては個人投資家を操れないからです。

 

今はネット社会です。

 

単純な動きや知られすぎた動きはすぐに役に立たなくなります。

 

ではどうすればいいのか?

 

答えはただ一つです。

 

初動前の動きを徹底的に分析するしかありません。

 

「徹底的に分析する」とは、多くの分析結果から統計を取り「あることが確認されれば近いうちに初動が起こる確率が高い」という方程式をみつけることです。

 

ですが、仮にみつけることができてもいつまで通用するかは分かりません。

 

さらにいえば、通用しなくなったことをいち早く察知できなければ確実に損失を出すことにつながります。

 

つまり、再度違う方程式を見つけることでしか初動の前兆を知る(仕手株で利益を出す)ことはできないのです。

 

このことにより、投資の世界は一見不労収入のように思えますが、実際はかなりの労働収入だということが理解できると思います。

 

つまり、サラリーマンと同様に努力なしで大金を稼ぐことはできないのです。

 

さいごに

 

現在使っている初動の前兆のサインをこの記事に書くつもりでキーボードを打っていましたがやめることにしました。

 

なぜなら、有名な投資家のブログをみた結果わざわざ投資方法を書いてあるブログは一つもなかったからです。

 

仮に公表したところでいつかは通用しなくなります。

 

つまり無意味なことになります。

 

そればかりか投資で損失を出す投資家を増やすことにもなりかねません。

 

別の見方をすれば他人のやり方で手に入れたものはたいした価値がありません。

 

よって、期待してみにきてくださった方には申し訳ないのですがこれで終わりにします。

 

ただ、損失を防ぐことに関してはほんの少しかもしれませんが役に立ったのではないかと思っています。

 

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:仕手株投資 

人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ