仕手株投資における損失について知ろう

  • 人気ブログランキング

株への投資の際には損失が必ずついてきます。

 

その中でも特に仕手株の損失は、かなり悲惨なことになる恐れがあります。

 

そうならないために、仕手株投資における損失を知っておく必要があります。

 

知ることで損失を最小限に抑えることができるはずです。

 

それでは、「仕手株投資における損失について知ろう」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

仕手株投資における損失で考えられるのは以下の3つです。

 

  • 初動と勘違いして飛びついてその後下落
  • 大暴落のリバウンド狙いで結局リバウンドせず下落
  • 上昇しきった銘柄に飛びついてその後下落

 

特に最後の上昇してからの取引は損失拡大のリスクがとても高いです。

 

初動と勘違い

 

大きく下落した銘柄、しばらく低い株価でもみ合っている銘柄、低位株など仕手株かもしれない銘柄はたくさんあります。

 

そんな銘柄(取引監視銘柄)がほんの少しでも上昇を見せたら即反応して取引をしてしまうことがあると思います。

 

確かに初動であれば完璧な取引です。

 

しかしながら、そうでない場合は間違いなく損失につながります。

 

このほんの少しの上昇は「初動」ではなく「ただの買上げ」であり、仕手筋が株を集める際によくみられます。

 

なぜ損失につながるのかというと、目的が上昇させることではないからです。

 

つまり、一時的な上昇に過ぎないのです。

 

大暴落のリバウンド狙い

 

仕手株銘柄の中には大暴落後、わりと早い段階で値を戻しさらに上昇することもあります。

 

一度でもこのような銘柄で利益を出した経験があれば、間違いなく次も同じ取引をしてしまいます。

 

株は毎回同じことが起こるわけではありません。

 

大抵の場合は長い目で見ればリバウンドはわずかでズルズルと下げ続けます。

 

つまり、保有し続けるほど損失が拡大してしまう最悪の状態になってしまいます。

 

上昇しきった後に飛びつく

 

仕手株投資での大原則は初動以外での取引はしないことです。

 

上昇している銘柄は魅力的にみえます。上昇しているという事実が安心感を作り出します。そして、なぜか「もっと上昇するだろう」と思わされます。

 

このことにより取引をしてしまうことが多いはずです。

 

仕手株投資と言えば、ハイリスクハイリターンです。

 

そのハイリスクの原因で一番考えられるのは「高値づかみ」だと思います。

 

分かっていても欲が出てしまったり、「利益をみすみす逃したくない」という気持ちから焦って取引をしてしまったり、「上がるだろう」と思い込み、取引をしてしまうことは経験していることと思います。

 

仕手株投資では「いかに損切りを徹底できるか」が利益を出し続ける最短ルートになります。

 

また、損失なくして利益がないのも悩ましいところです。

 

特に仕手株投資では、恐ろしく上昇するため気持ちが高ぶりやすいです。

 

大きな利益が出た後ならなおさらです。

 

そんな時に「上昇しきった銘柄に飛びつきその後下落」をやってしまったらせっかくの利益はすべて吹き飛んでしまいます。

 

仕手株投資の一番恐ろしいところです。

 

短期間で大きな利益を出すことができる一方、それよりもさらに短期間で大きな損失を出してしまうことを十分に知っておくことが、仕手株投資で大きな損失を出さない一つの方法です。

 

  • 人気ブログランキング

タグ:

カテゴリ:仕手株投資 

人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ