仕手株の利益は分析でこれから上昇する銘柄の痕跡を探せるかどうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

投資ではとにかく取引した銘柄が上昇さえすれば利益になります。

 

言っていることはとても単純ですが、深く考えてみると「上昇する銘柄は何かしらの痕跡を残すはずだ」という一つの結論にたどり着きます。

 

そして、その痕跡を分析していくといくつかの理由が見えてきます。

 

最終的にその理由が確信になること(経験)によって利益が続いていきます。

 

それでは、「仕手株の利益は分析でこれから上昇する銘柄の痕跡を探せるかどうか」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

→新しい情報があれば追記いたします

(2019年7月1日追記)



 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

これから上昇する銘柄の痕跡は

 

  • 「下落」
  • 「相場」
  • 「業績」
  • 「出来高」

 

の4つになります。

 

下落

 

仕手株投資ではまず間違いなく「下落した銘柄」が対象です。

 

なぜなら、後の上昇には欠かせないからです。

 

仕手株の多くは下落した分以上を上昇で埋めてきます。

 

このことから、「ただ下落した銘柄」と「将来の上昇のために故意に下落した銘柄」の違いを正解に判断できることがとても重要です。

 

下落がこれから上昇する銘柄の痕跡です。



 

相場

 

ここでいう相場とは「板」と「約定の仕方」のことです。

 

「相場を監視することで得られる情報の積み重ね」が最も仕手筋介入を確信できます。

 

確かにこれ以外でも確信につながる要素はあります。

 

しかし、仕手筋の動きは常に変化するため今まで確信できたものが通用しなくなることがあります。

 

これに気づかなければ待っているのは損失です。

 

損失を防ぐためにも常に相場から得られる情報に向き合うことが大切です。

 

相場から得られる情報がこれから上昇する銘柄の痕跡です。

 

業績

 

仕手筋は株価の低い銘柄をターゲットにします。

 

よって、「必然的に業績は赤字」です。

 

また、第三者割当新株予約権も見逃せません。

 

なぜなら、業績を黒字にするための助け船になるからです。

 

仕手株といえば、なぜ上昇しているのか分からない(業績が赤字にもかかわらず)と言われてきました。

 

ですが、これはもう昔の話になりつつあります。

 

最近では以前よりも投資家の投資基準が厳しくなってきたため、上昇には業績の黒字(最低でも赤字幅縮小)が望ましくなってきました。

 

正解にいえば、「大きな上昇には業績の黒字」が欠かせません。

 

単なる情報操作や株価操作だけでは多くの投資家が動かなくなったともいえます。

 

もっと単純に考えれば、「業績が赤字→業績が黒字」に変われば何も操作しなくても株価は上昇します。

 

仕手筋はこれを最大限に利用するようになってきました。

 

業績の赤字がこれから上昇する銘柄の痕跡です。



 

出来高

 

上昇している(上昇した)銘柄の一番分かりやすい痕跡は出来高に表れます。

 

しかし、この出来高に気づいた後の取引では大きな利益を得ることはできません。

 

また、初動(上昇した瞬間)の取引でなければ損失リスクが高いです。

 

つまり、「初動完了後の取引では遅い」ということです。

 

残念ながら上昇している銘柄は誰でも探せます。

 

取引においては、これから上昇する銘柄を探し初動の取引にこだわることが最重要と考えます。

 

では「出来高」とどう向き合えばいいのでしょうか。

 

後になって分かる初動の日の初動の瞬間は確実に今までにない出来高を伴います。

 

その出来高を伴った瞬間こそがこれから上昇する銘柄の痕跡です。

 

大きな利益を得るために

 

ここから先は、ある程度の期間保有することで大きな利益を得る話になります。

 

もし運よく初動の瞬間に取引できたとしても、仕手筋の巧妙な策略に翻弄されていては利益を得ることはできません。

 

なぜなら、仕手株はすんなり都合よく上昇してくれないからです。

 

ときには想像を超える下落相場によって保有株を売らされてしまうことがあります。

 

このときに「いかに保有し続けられるか」がその後の大きな利益には欠かせません。

 

しかし、実際含み損になった場合はロスカット(損失の確定)するのが普通ですし、その判断は正しいと思います。

 

よって、保有し続けるためには「いかに平均取得価額が低いか」が重要になってきます。

 

ですが、残念なことに仕手筋は初動で仕掛けた株価よりも下落させることがあります。

 

このような状況ではたとえ初動の瞬間に取引できたとしても確実に含み損です。

 

対策としては「初動と確信できるならばそのまま保有」「初動と確信できなければロスカット」の二択になります。

 

このとき買い増しはお勧めできません。

 

なぜなら、損失が拡大する可能性が高いからです。

 

また、仕手筋は株価を下落させないとしても「売優勢の板配置」「故意に作り上げた約定」「掲示板」などあらゆる手段を使って売らせます。

 

仕手筋は保有者を不安にさせることにもの凄く長けています。

 

このとき「正確に仕手筋の現状を判断できるか」が勝負です。

 

「まだ上昇させるつもりはないのか」「これから一気に上昇させるつもりなのか」「長い期間を使ってもみ合うつもりなのか」を相場から感じ取ることが何よりも大切です。

 

おわりに

 

投資そのものの性質なのですが、いくら分析によってこれから上昇する銘柄の痕跡を探せたとしてもすんなり取引することができません。

 

頭でわかっていても行動に移せないのが投資のもどかしいところです。

 

たとえ取引できたとしても仕手筋の巧妙な策略にはまってしまい、大きな利益を得るまでには至らないのが普通です。

 

そもそも仕手株は仕手筋が利益を独占するために利用しているに過ぎません。

 

ただ、「自分自身が仕手筋の一員であるかのようなレベルにまで達したとき」は確実に利益が得られます。

 

そのためには仕手株を真剣に分析し、常に相場に向き合うことが大切だと思います。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング



人気の投稿とページ
カテゴリー
仕手株分析データ

仕手株 大盛工業 1844-1

仕手株 大盛工業 1844-2

仕手株 テラ 2191

仕手株 ソフトフロントHD 2321

仕手株 ASJ 2351

仕手株 メディネット 2370

仕手株 ジャパン・フード 2538

仕手株 ピクセルカンパニーズ 2743

仕手株 ハイブリッド・サービス 2743

仕手株 ヴィレッジヴァンガード 2769

仕手株 石垣食品 2901

仕手株 Oakキャピタル 3113

仕手株 レカム 3323

仕手株 グローベルス 3528-1

仕手株 グローベルス 3528-2

仕手株 プロスペクト 3528-3

仕手株 ネオス 3627

仕手株 enish 3667

仕手株 アエリア 3758

仕手株 リミックスポイント 3825

仕手株 児玉化学工業 4222-1

仕手株 児玉化学工業 4222-2

仕手株 メディカルシステムネットワーク 4350

仕手株 日医工 4541

仕手株 アンジェス 4563

仕手株 ナノキャリア 4571

仕手株 キャンバス 4575

仕手株 カイオム・バイオサイエンス 4583

仕手株 オンコリスバイオファーマー 4588

仕手株 リボミック 4591

仕手株 窪田製薬HD 4596

仕手株 ハイアス・アンド・カンパニー 6192

仕手株 不二精機 6400

仕手株 前澤工業 6489

仕手株 SOL HD 6636

仕手株 大黒屋HD 6993

仕手株 Nuts 7612

仕手株 スリー・ディー・マトリックス 7777

仕手株 プロルート丸光 8256

仕手株 日本アジア投資 8518

仕手株 フィンテックグローバル 8789-1

仕手株 フィンテックグローバル 8789-2

仕手株 エイアリンク 8914

仕手株 アルデプロ 8925

仕手株 東海観光 9704

Twitter でフォロー




無料メール登録

メールアドレスを登録すれば、ブログ更新のお知らせをメールで受信できます。

ページの先頭へ