仕手戦開始の序章 株価を吊り上げるための3つの条件とは

  • 人気ブログランキング

仕手株投資をする前にそもそも「仕手株」とは何かを知っておくことは大事な要素だと思います。

 

その中でも仕手筋がどうやって株価を吊り上げていくのかを知っておくことで、安心して仕手株を取引することができます。

 

よく分からないまま投資を始めてしまえば間違いなく損失を出すことになります。

 

仕手株投資はハイリスクなのでなおさらです。

 

それでは、「仕手戦開始の序章 株価を吊り上げるための3つの条件とは」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

株価を吊り上げるための条件とは

 

  • 膨大な資金力があること
  • 株の独占をしていること
  • 上昇する見込みが少ない銘柄

 

の3つです。

 

この3つがそろっている状態で初めて仕手戦が開始されます。

 

仕手戦の開始

 

仕手筋の目的は利益を得ることです。

 

つまり安値で買い集めて株価を上げた後、高値で売りぬけることです。

 

当たり前のことを書きましたが重要なのは、「個人投資家と仕手筋の根本的な目的は変わらない」ということです。

 

仕手筋は膨大な利益を得るためにかなりの期間をかけて仕手戦に臨みます。

 

それぞれの段階で仕手筋の行動は様々ですが、今回は仕手戦の開始について考えてみたいと思います。

 

仕手筋が仕手戦を開始するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

 

では、仕手戦を開始するために必要な条件とは何なのでしょうか?

 

膨大な資金力

 

いくら安値で株を集めるにしてもそれなりの資金は要ります。

 

また、株価操作(厚い買板を作り出す)にも資金は相当必要になってきます。

 

少なくても億単位の資金が必要です。

 

この資金力が個人投資家と仕手筋の大きな違いだと思います。

 

そのため、仕手筋のするようなことは個人投資家では到底できません。

 

このことにより、仕手株投資は難しいのかもしれません。

 

ですが、見方を変えれば「仕手筋のくせが出やすい」ともいえます。

 

株の独占

 

そもそもこれができていなければうまく株価を吊り上げることができません。

 

なぜなら、せっかく株価を吊り上げたとしても高値で大量の売りをぶつけられてしまったらまったく意味がないからです。

 

これを防ぐため仕手筋は、慎重に安値で株を集めることに長い期間をかけて専念します。

 

つまり、株を独占することで高値で売ってくる個人投資家が少ない状態であることが絶対条件となります。

 

その結果、仕手筋の思い描く流れで株価を操作し利益を独占することができます。

 

上昇する見込みが少ない銘柄

 

これはけっこう重要なことです。

 

なぜなら、仕手筋が株を集めているときに個人投資家に買われては困るからです。

 

上昇する見込みがないということは買い手がつかないとも言い換えることができます。

 

仕手筋にとって株価を吊り上げるまでは買い手はいらないので好都合なのです。

 

よって、上昇する見込みがない銘柄は将来的に仕手株へと変貌することがあるため、取引対象銘柄として監視する必要があります。

 

株価を吊り上げるための3つの条件とは、膨大な資金力があること、株の独占をしていること、株を集めた銘柄が上昇する見込みが少ないことです。

 

  • 人気ブログランキング
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ