仕手戦終了のサインは何?売るタイミングはとても難しい

  • 人気ブログランキング

仕手株に限らず売り時はとても難しいです。

 

なぜなら、欲が出てしまうからです。

 

売った後さらに上昇した場合のことを考えたらなかなか決断できません。

 

また、予想に反して下落してしまい売り時を逃してしまうこともあると思います。

 

そうならないためにもある程度の知識は必要だと思います。

 

それでは、「仕手戦終了のサインは何?売るタイミングはとても難しい」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

最高値で売ることはまず不可能です。

 

また、売った後に上昇することもよくあることです。

 

大事なことは「ある程度の利益が出たら十分」と思うことです。

 

いつ売ればいいのか

 

仕手筋の立場になって考えてみれば答えは簡単です。

 

仕手戦終了間近において株価は、最高値まではいかないとしてもそこそこの高値であることは間違いありません。

 

また、仕手筋は売りぬけるために目立つ必要があります。

 

そして、大量の株を売らなくてはならないため必然的に出来高は多くなります。

 

よって、売り時は分かりやすくタイミングを逃すことはないと思います。

 

ただ、高値で売ることはとても難しいです。

 

仕手戦終了のサインは株価が高値で出来高が多くなったとき

 

分かっていても難しい心理

 

ここで質問です。

 

利益確定した後に株価が上がるとすごく嫌な気持ちになったことはありませんか?

 

もう少し待てばよかったと後悔したことはありませんか?

 

もしくは、暴落の前兆に気付いていたにもかかわらず躊躇してしまい、得られるはずの利益を減らして(逃して)しまったことはありませんか?

 

投資をある程度経験していれば必ず通る心理的障害です。

 

心理的にも売るタイミングはとても難しいです。

 

厄介なことは、上記のような感情を持っているといずれ損失を出してしまうことです。

 

それを回避するためには、利益の「大きさ」ではなく利益が「出た」ことに重点を置くといいと思います。

 

欲張ることでいいことは何もありません。

 

利益確定後の罠

 

私は取引しないようにしているのですが、売りのタイミングが過ぎた後、しばらく多い出来高が続くので参戦することで利益が出ることがあります。

 

確かにデイトレと割り切っていればいいのかもしれませんが、リスクは非常に高いです。

 

いつ高値を掴まされることになるか分からないからです。

 

下がったら売ろうと思っていても一瞬で下がってしまったり、ストップ安になってしまったらもう最悪です。

 

少しばかりの利益のためにリスクを冒す必要はありません。

 

  • 人気ブログランキング
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ